97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲九月場所九日目観戦
20150922053022fd3.jpg

月曜日は大相撲九月場所九日目を観戦に国技館まで。

20150922053048a87.jpg

座席は二階椅子席二列目。前のほうで実に観やすいが、前の席の観客が「手すり寄りかかりー」だと頭で土俵が見えずに大変な事に。ただこの日は大丈夫だった。

20150922053107880.jpg 201509220531312cc.jpg
お昼は二階のお食事処「雷電」で一杯。 「しじみエスプレッソ」は肝臓に染み渡る。ニンニクの効いた力士味噌を鍋に溶くと実に旨いのだった。勘定の際、愛想のよいレジの着物の女性が「今場所は初めてですよね」と笑顔で。素晴らしいマーケティング能力に感心した。

20150922053202ef6.jpg

春日山部屋後援会が序二段、三段目の取組から大応援を。

aIMG_1445.jpg

最重量力士はさすがに大きいが三段目。体重だけが強さじゃないんだなあ。館内をウロウロしていると北の湖理事長に出くわした。随分痩せた感じだなあ。

aIMG_1466.jpg aIMG_1455.jpg
aIMG_1470.jpg

幕内土俵入りの後は、鶴竜が毎日一人で務める横綱土俵入り。一人横綱というのは他人には計り知れない重圧があるだろうな。その点、大関の照ノ富士は大関仲間がバタバタ負けるので気楽に一人無人の野を行くが如き気楽な旅路。今場所は優勝するのでは。

201509220532263e0.jpg

本日も満員御礼。十両土俵入り前にNHKラジオ放送で千代丸の休場を知る。来場所は幕下ギリギリまで落ちるのでは。残念だなあ。

嘉風は素晴らしい。今場所勝ち越したら三賞受賞で三役に返り咲きするだろう。しかしもう33歳で、これから大関昇進はちょっと考えづらいのだが。

栃煌山は4敗目。大砂嵐は腕力に任せたバチバチ相撲があり、そのフルコンタクトを嫌がって頭を下げて前に出たので自滅した感あり。真面目だけど気持ちが弱い気がする。豪栄道は、琴奨菊の馬力ある寄りに為す術もなく土俵を割って黒星先行。今場所の琴奨菊は強いが、豪栄道はただ脆かった。

稀勢の里はなあ。隠岐の海に相手を一蹴する厳しさは無いが大型なので懐は深い。性急な寄りはちょっとまずかった。稀勢の里は、そろそろもう一敗するんじゃないかと思ってたら予想通りに期待を裏切る。

照ノ富士は、右の差し手の返しが素晴らしく、直ぐに両差しになって腰の重い逸ノ城を一蹴。横綱の責任は無いが既に横綱の如き風格。今場所優勝して、11月の九州でもしも白鵬が連続休場したら、ニ場所連続で優勝して来年の初場所には横綱の座に座っている予感がするね。日馬富士は引退するのではないか。鶴竜は低い体勢で当たり貫禄勝ち。宝富士は身体が固く、押されると耐え切れず、オットットと真っ直ぐ後ろに下がる悪い癖が出た。

2015092205325176b.jpg
201509220533139ce.jpg

打ち出しで国技館出ると、もう日は暮れている。初日から比べるとどんどん日が短く。秋場所だなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック