97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
金曜日は休肝日の予定だったのだが、朝から打ち合わせが多発し特に午後の打ち合わせが長引くわ、あれこれ急に決めなくてはいけない事が発生するわで夕方までドタバタ。ストレスフルな一日だったので、やはり一杯飲んで帰るかと「新橋鶴八分店」に電話。8時までなら大丈夫だと。

先週日曜日は「新橋鶴八分店一周年祝賀会」が「久」であり、すっかりご馳走になってしまったのでその御礼など。加賀鳶をもらってつまみから。供されたお通しはブリ大根かと思ったら魚はマグロだとか。濃厚な脂が大根に染みて旨い。ただ、最初にこれを食すると、切ってもらったヒラメの美味さがちょっと飛ぶね。まあ、ゆっくりやればよいのだが、8時までとお尻が決まっているとついついいつものペースになる。

塩蒸しはまだ立派なものを切ってきたが、もう禁漁期に入り後は卸の在庫のみとのこと。馥郁たる滋味あり。昔は密漁物なども結構出回っており、「しみづ」でも聞いた事があったが近年は取り締まりが厳しくなってるとのこと。サバも貰う。脂は若干薄いが旨味あり。秋刀魚も〆たのを注文で用意していたようだが、これは止めておいた。

8時からは7名の団体でほとんど貸切状態なんだとか。

ハマグリは割と軽めの漬け込み。肉厚のシャコも旨い。本店と海老の出し方を変えた話なども興味深く聞く。仕入れる店も少しずつ違っているのだな。

ここのガリ入れは赤黒の地の焼き物だがやたらに大きい。最初は土鍋かと思ったら、よく見ると下に高台がついている。やはり器なのだ。陶芸家の客が持って来たので仕方なく使ってるのかと思ったら、自分で買ったのだとか。

店の器を発注している業者のカタログ見て、色が気に入って見せてほしいと言うと「注文生産ですが一つ焼いて来ましょう」と持って来た。実物見て大き過ぎるとは思ったが、もう断るのも悪くてそのまま買ったとのこと。まあ焼き物の温かみがあって店のアクセントになっているが。

しばし雑談していると、五十嵐親方は開けっぱなしの扉から外を見ながら、今帰って行くお客さんは本店から出て来ましたよという。何故分かるのか聞くと、二軒先なので本店の扉が開け閉めされる音が聞こえるのだと。暫くして「ホラ、今扉が閉まりましたよ」と言うのだが、私には聞こえない。18年間毎日聞いていた音なのでどんなに小さくでも分かるというのだが凄いね。

最後にちょっとだけ握りを所望。マグロヅケ、中トロ、コハダ、穴子、最後にイクラ軍艦。今年はなかなかコハダが大きくならないとのことだが、高温や長雨なども影響してるのだろうか。ホロ酔い加減でタクシー帰宅。その後で大相撲中継を録画でチェック。照ノ富士が膝を怪我した場面を見て暗澹たる気分に。膝はなかなか治すのが難しく、今後の相撲人生に爆弾となるのでは。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック