97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
火曜日は「新橋鶴八」に。

夕方電話すると直ぐにお弟子さんが出て大丈夫ですと。ニュー新橋ビル二階にエスカレータで上がり、新橋鶴八の玄関に向かうと隣の中国系マッサージ屋店頭に腰掛けてた客引きのおねえちゃんが、満面の笑みで手を広げて振りながら近づいてくる。一度も店に入った事無いし、面識すらないのに困るんだよなあ(笑)

入店して石丸親方と雑談すると、中国系客引きも年々ひどくなってるんですよねえと。ビル二階には昔は飲食店が多かったが、最近は中国系のマッサージ屋に席巻されてしまった。連中は「ビルを立て直す」なんて新聞記事に出たから、移転の保障なんかも当てにしてるのかもしれないけれど、権利義務があれこれ輻輳しているビルだから、立て直しなんて実現できないんではと言うのだが。

とりあえず冷酒を貰う。お通しはスミイカげそ炙り。つまみはまずヒラメ。分厚い身肉で旨味十分。塩蒸しもまだ大きな物がある。

ニュー新橋ビルの話を親方とあれこれ雑談。この店もバブルの頃に区分所有権を買い取らないかと持ちかけられたとの事。当時なら勿論ローンも直ぐについただろうが、借金背負わなくてよかったと。神保町の鶴八でも、バブルの時は店を10億で地上げに来たというのだが。しかし、あの頃に羽振りよかったバブル紳士は、みんなどこに行ったんでしょうな。逃げ遅れた一部は刑務所に行った事は知っているが。

つまみは他に、シャコ、ハマグリなど。そういえば、先日分店に居た時、カンピョウを借りに来たよなとお弟子さんに話をすると、そもそもカンピョウ巻は本店の石丸親方が一手に作って分店に分けてるのだとの事。セントラル・キッチン方式ですな(笑)

見るともなしに他のお客の応対を見ていると、じゃあ適当に四品くらい出しましょうかとか、少しだけと言われてハマグリ一枚だけとか、昔と比べれば随分と親方の営業の仕方も柔軟になってきた感あり。

お茶を貰って、握りはいつも通り、まず中トロ。しかし「中トロ無いや」という事で脂の乗った部分を。これはこれで美味し。コハダはまだ小さい丸づけと片身1貫づけ。やはり例年よりも大きくなるのが遅いようだ。しかしネットリとした旨味。固めに炊き、自然な米の甘味を感じるこの店の酢飯とはまたこの具合が合う。

穴子も二貫。ハマグリ出汁の豆腐お椀が出て、最後はカンピョウ巻。何時来ても、何時もの物が何時もと同じように旨い。ありそうでなかなか無い、得難い真っ当な仕事を貫く店。満ち足りた気分でタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック