97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問 二回分まとめて(笑)
昨夜は当日電話すると空いてるとのことで、「新橋鶴八分店」に。

カウンタには先客3名。一人は英語を話す外国人。そういえば、私も以前、アメリカ人3人連れて来たが、あの時はずっと英語で解説ばかりしてたので大変だった。加賀鳶を頼んでのんびりと。魚の品揃え聞くに、やはり先週末の暴風雨の影響あるとか。それはそうだろうなあ。

五十嵐親方は「先週来られた時のブログがまだアップされてないんですけど」と。先週は月曜に「新橋鶴八」に寄って、本来火曜は寿司屋寄るつもりではなかったのだが、仕事でドタバタしたストレスあり、一杯飲むかと急に寄ったのだった。長居して結構飲み過ぎたので、内容を割と覚えてないんだよなあ(笑)

しかしせっかくだから思い出して書いておくか。先週火曜は、入店すると既にテーブルにもお客さんがおり結構な盛況。真ん中辺りに座ったが、奥の客が帰ると、こちらに移って貰えますかと、一番奥の大常連O氏の指定席に。ここに押し込められるとまた長居することになって大変なんだが(笑)

ほどなくカウンタは満席に。加賀鳶飲みつつ、他のお客さん優先で、こちらはのんびりとつまみを。ヒラメはだんだんと旨さが乗ってきた。もう本当に最後というアワビ塩蒸し。若干旨味が抜けてきた印象。まあ仲卸で活かしている在庫だからなあ。カツオもちょっとだけ。漬け込みのシャコ、ミル貝の炙りなども美味かった。最後は芋焼酎のロックまで飲んで、結構酩酊。握りは、中トロ、コハダ、イクラなど貰った記憶あるのだが。かなり忘却の彼方。いくら癒やしの店とはいえ、あんまり飲み過ぎたらあきませんな。

という訳で、ここからようやく昨日の話。

まず加賀鳶を貰って。お通しは平貝のつけ焼き。種札には無く、やはりつまみ用とのこと。握りにはちょっと繊維が障るかな。しかし風味があり、ミル貝同様火を通すと旨味が増す。

まずつまみを。ヒラメは1.5キロとのことで立派な身。だが若干脂の乗りが悪いような。しかし添えられた縁側はえらく濃厚な脂。個体差なのだろうか。不思議なもんだなあ。

九州産のアジは実に肉厚な身。小さめに切りますかと5切れに。脂も乗っているが旨味が濃い。タコはしっかりした身肉で旨味あり、塩はほとんどつけなくてよいくらい。立派なカツオも生姜醤油で。来週辺りからはブリが入るとのこと。ビッシリと脂が乗った腹身はつまみに食すると旨いのだよなあ。背の方は刺身というよりも照り焼きやブリ大根に良いのでは。

サバは海が荒れたせいで無いのだとか。サヨリも出て来たが、まだカンヌキサイズではない。ハマグリもつまみで。ハマグリを漬け込む飴の味は新橋鶴八と変えていないが、かける量を控え目にしているのだとのこと。確かに若干軽めだが、これはこれで今風で旨い。

芋焼酎のロックを所望すると湯呑みグラスに満杯で出てくる。うっかりお代わりしたのでこれまたすっかり酩酊。寿司屋で酩酊してはイカンのだが。ここ以外の寿司屋で飲み過ぎて酩酊した事なんかないのだが(笑)

握りは中トロ、コハダ、アナゴと。米の旨味を感じる酢飯は新橋鶴八譲り。真面目でしっかり江戸前の仕事を受け継いでいるし、お客にも無用なプレッシャーを与えない柔らかい接客。お客が立て込んでも、本店の親方譲りでカウンタの客にはちゃんと順番に目配りしてるので、一見で来ても気後れして注文できないなんて事はない。むしろ大常連O氏などは、いつも後回し(笑) 実に居心地のよい、真っ当な寿司屋。唯一の欠点は居心地良すぎて飲み過ぎることか。あ、それは店ではなく自分の問題か。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック