97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
水曜日は昼前に「新ばし しみづ」に予約の電話。今回もダメかと思ったが、珍しくも空いていた。しかしその後、午後に「新橋鶴八分店」より携帯にショート・メッセージあり。「本日、「鮨竹」店主来店予約入りました。是非どうぞ」とある。そういえば銀座「鮨竹」は開店1年過ぎて水曜が定休日になったんだっけ。事前に分かっていれば合流したのだが、ちょっと間が悪かった。

ということで会社帰りに「新ばし しみづ」。カウンタは結構混雑しているが、握りに入っているお客多し。

常温のお酒を貰っていつも通りつまみから。

お通しは笊豆腐にオリーブオイルと塩をかけて。これが実に旨い。塩は何か特別なものを使ってるのか弟子の摩宙君に聞くと、「いえ、普通の荒塩でございます」と。そう言われると何か特別な塩なんではと疑わしい気分が沸くなあ(笑)

ヒラメはサラリと上品な脂。タコは歯応えあり旨い。アワビは肝も添えて。さすがに全盛期と比べると旨味が薄くなってきたような気もするが、いつも早く終了しすぎてお客のお叱りを受けるので今シーズンはもう少ししぶとく置くかもしれませんとの事。

カツオは皮目に塩を当てて軽く炙る。香りがよいので塩でも十分旨い。摩宙君に「これも普通の荒塩だよな」と確認すると「そうでございます」と。そうですか(笑)

牡蠣は一塩当てて置いた塩辛風味。秋刀魚は〆た後で皮目を炙ったもの。いつもながらだが、炊きたてのご飯と食うと旨いだろうなあ。しかしご飯のおかずに良いものは大概酒にも合う。握りにすると酢飯が負けるが。

赤貝は香り良し。珍しくツブ貝が。握りには使えないが、独特の風味と甘味。つまみにはよい。先にいたお客さんがどっと帰ったのでしばし店は静かに。清水親方に「分店」のメールの事を伝えると、お弟子さんにちょっと「分店」見て来いと(笑)

イクラとウニもつまみで。この辺りでお酒終了。

お茶に切り替えて握りを。マグロの最初の一貫は、シットリして実に細かい脂が入り旨味がトロリと口中で酢飯に溶け崩れる。コハダも段々と大きくなってきて、この店の厳しい〆にもなんとか耐えうる位に育ってきた。アナゴは塩とツメで。、カンピョウ巻もらって〆。

最近、歌舞伎行ってますかと聞かれたので十月歌舞伎座夜の感想など。清水親方も結構ご夫妻で観劇に行ってるらしい。勘定してもらって店を出る時、親方が「分店に顔出されたら」と勧めるので、それもそうだなとニュー新橋ビルに。

「分店」で、常連に囲まれて談笑している「鮨竹」竹内史恵親方(女性でも親方でよいのかw)に久しぶりと挨拶。商売繁盛らしくて実に結構な話。かなり前から予約しないと空いてないのだが、当日キャンセルもあるので、当日でも入れる時も結構あると言うのだが。
201510092136141b1.jpeg

「新橋鶴八分店」で会った記念に、店先で写真をパチリと。ますますの商売繁盛を祈る。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック