97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問。
火曜日は休肝日の予定だったが気が変わって退社前に「新橋鶴八分店」に電話。バイトの女性が出て、大丈夫ですとのことなのでそのまま直行。入店すると、あっ! 一番奥の定位置に大常連O氏が既に鎮座している。恐れ入って隣に。「何処かでお会いしたような気がしますが」と冗談言うと、「それはこっちの台詞だよ」と(笑)

先日、「鮨竹」が来店した時の事など伺いながら、冷酒の加賀鳶。お通しは鯛の酒盗。お酒に合うね。

本日の種札にヒラメは無く、白身はシマアジから。ツルンとした舌触り、上品な脂。もうブリが置いてあるので腹の身をつまみに。北海道だそうだがもう大きい個体。天然独特の癖の無い脂と歯応え。大常連O氏は、シマアジとブリでは脂がある白身が重なるとダメ出し。まあそれはそうなんですが。

サバも旨味が出て来た。ミル貝は軽く炙ってもらうと甘味と香りが出て実によい。

ちょっと後から一人で入店した予約客の男性は、お任せでと告げ、つまみと握りで飲みながら静かに過ごしていたが、関西から来たのだと。バイトの女性は尼崎なのだが、彼女が聞くとなんと出身も同じ尼崎で、同じ高校出身とのこと。世の中狭いもんですなあw

このお客さんがトイレに立った際、五十嵐親方が「あの人は寿司屋ですよ」と。水仕事している手なんだと言う。勘定した後で親方が見送りに出て外でちょっと話をしてたのだが、まさにお寿司屋さんであった。同業だと分かるんだなと感心。北新地で店を出しており、祇園「まつもと」に居た「ほしやま」とも知り合いで、教えて貰って来たとの事であった。今度大阪に行った時は訪問してみるかな。

店の名前をバイトの女性がスマホで検索すると、北新地の新進気鋭の寿司屋。写真見ても気の利いたつまみも出しており、食べログでも評判が良い。食べログの点数だと負けてるじゃないか「新橋鶴八分店」(笑)

大常連O氏とあれこれ話をしてるうちに、日本酒を終えて芋焼酎ロックに。これがいかんのだよなあw 握りは赤身、中トロ、コハダ、穴子、イカ紫蘇巻など貰う。酢飯は本店仕込み、ふっくらと米の旨味が感じられるもの。

この日は他にお客が居なかったので、焼酎飲んであれこれ話して、長居し過ぎた。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック