97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
金曜の夜は「新ばし しみづ」。当日会社を出てから、ニュー新橋ビル界隈に電話入れたが、どちらも満席。「しみづ」はもっとダメなんではと電話したが、なんと「準備できます」とのこと。これは珍しい。

入店するとカウンタはほぼ一杯で二席だけ空いている状況。二名はほどなくお勘定して去っていったが、すぐにまた1名入店。電話がかかってきても断っているから、ギリギリだったな。

常温でお酒を貰い、後は何も言わずともおまかせでつまみから出てくる。お通しはナメコおろし。

まず、ヒラメ、タイ、甘鯛昆布〆と白身三色。ヒラメとタイは、どちらも上質だが、やはり身肉の美味さと風味がそれぞれに違う。「まつもと」や「ほしやま」では出してたが、ここで甘鯛は珍しい。口にすると清水親方が「甘いですよね」と。確かにネットリと甘いのだった。まあだから「甘鯛」というのだろうなあ。かなり塩を当てて水分を抜くとのこと。

タコは身肉に旨味あり。スミイカは細切りに。塩で食しても爽やかな甘味。牡蠣は塩辛風に塩で締めたもの。これも酒に合う。秋刀魚は〆てから皮目を焼き霜に。身肉がネットリとして皮目は香ばしく、実に旨い。

「P.M.9」に新人が入ったので、女将さんが久しぶりに「しみづ」に復帰している。新人がイケメンなので、女性客が増えてくるのではと雑談など。そういえば火曜に行った時、カウンタは私だけだったが帰る時に女性の一人客が入れ違いに入ってきてたっけ(笑)

アワビも立派なもの。前回来た時はちょっと味が抜けた感じだったが、この日の物は旬の時に引けをとらない滋味。肝添えで。時期外れだが個体差によっては良いものがあるのだろう。選べるほど無いということであるが。

カツオは脂の乗った腹の身。久しぶりに辛子醤油で。赤貝は爽やかな香り。サバもだんだんと脂と旨味が乗ってきた。漬け込みのシャコもつまみで。

この辺りでお茶を貰って握りに移行。まず赤身と中トロ。シットリした身肉には十分に旨味が乗っている。厳しく〆たコハダはここの酢飯にピッタリのネットリ感。お椀も出る。アナゴは、本当にトロトロだ。塩とツメで各1。最後はカンピョウ巻。1時間ちょっとで切り上げ。気を使う必要のない勝手知ったる店で、ポンポンとおまかせで出してもらい、パッと切り上げるも実に良い。

女将さんの見送りを受けて帰路に。 「P.M.9」には寄らずにタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック