97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問。
土曜日は西大島「與兵衛」。当日電話したのだが、一席のみ空いていた。日曜は親方がバンドのライブで臨時休業とか。若いねえ。

お酒は大吟醸「あぶくま」。福島のお酒。最初に供されるのは滋味深い牡蠣のスープ。実に肉厚で立派な身。大船渡産。岩手の牡蠣も震災で養殖の筏が流されたと聞いたが、見事に復活している。素晴らしい話ですな。

いつも通りのお通しの皿は、海老頭、ヒラメ縁側のヅケ、ホタテ煮浸し、白子、マグロ中トロヅケ。酒が進む。「十四代本丸」その後で「伯楽星」に切り替え。

握りは、まず赤身のヅケ。ネットリした赤身のコクあり。ヒラメはまず一味をアクセントにした甘酢ヅケ。その後で濃厚な胡麻醤油ヅケ。仄かな温かみを残す酢飯は米の甘味を感じる固めの炊き具合。種との相性が良い。

スミイカも軽く醤油に漬けてある。海老は甘酢に潜らせおぼろを噛ませて。シマアジはヅケにした後皮目を香ばしく焼霜に。薄切り3枚つけて握るこの店のスペシャリテ。施した仕事で食わせる種。

北寄貝も軽く茹でて、甘酢に潜らせてあるのだが、比類のない芳醇な甘味。これまた酢飯との相性が良い。キスは軽めだが旨味がある。ここからの光り物は徐々に〆具合を変えて。コハダも軽めの〆ながらここの酢飯には実によく合う。サバは旨味十分。イワシはビッシリ乗った脂がネットリと酢飯に溶け崩れて秀逸。

漬け込みのハマグリ、フックラと色薄に煮上がった穴子には実にコク深いツメが塗られる。最後は酢飯抜きで玉子を貰って一通り終了。他の常連客は健啖家で、お代わりの種を握って貰ってるのだが、私は一通りで十分満腹。全てにおいて仕事を施したという点では江戸前の伝統を引き継いでいるが、ケレン味もあって、寿司を歌舞伎に例えるなら、猿之助歌舞伎に近いかな。

この日は親方と同年代の熟年女性がいたせいか、親方の親父ギャグとジョークが何時もよりも調子よく炸裂しており、昔のディスコやら、ラグビーの話やら、「孤独のグルメ」やら、親方と客の掛け合いで話が盛り上がって、実に面白い夜だった。ま、だいたい何時でも、カジュアルで面白い店なのだが(笑)。

なんでも先日「つかさ」の高橋親方が来たとの事。取材の話が出て「断ろうかと思ってる」と言うので、せっかくだから受けたら常連の客も喜びますよと推奨しておいたのだが、どうなることやら。行きつけの店がメディアで紹介されるのは嬉しいものだけど、店が荒れるのは困るしなあ。

何時も通り、この店でしか味わえない満足感と共に店を出る。他のどの寿司屋とも違う、独特のオンリーワンの魅力。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する