97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八 分店」訪問。
月曜はちょっと会社を出るのが遅くなったが「新橋鶴八分店」に電話すると親方が出て、団体が入っているのだがなんとか座れるという。「なんとか座れる」程度なら止めようかなと返事すると、「大丈夫です」と太鼓判押すのでそのまま入店。

入店するとカウンタに先客は一人。団体は30分後に来る由。じゃあ急いで頼むか(笑)

「金曜、土曜も寿司だったのに続きますね」と親方。このブログを読んでいるから分かるとのこと。本人に読まれてると困るところも無きにしもあらずなんだが(笑)

このところ「分店」にちょっと立ち寄り過ぎのきらいがあるので、今度から私の中での「分店」の分類を「居酒屋」という扱いにして、寿司日記に書かないようにするかと提案すると、「私の田舎の知り合いも読んでいるので続けてください」と。そんなに読まれてる気もしないんだけどなあ。

とにかくまず加賀鳶を一杯。お通しはミル貝の貝柱。軽く湯通ししてある。本店で醤油漬けにして供されるのは、ハマグリの貝柱なんだそうだ。

まずヒラメが出され、「今日は仕入れが大変でした」と。そういえば週末は台風のような風が吹いていた。ヒラメも若干小型だが本日は選るような状況ではなかったと。脂はそれなりに乗っているが、言われてみれば旨味は若干薄いだろうか。

シマアジは種札には無いが、団体客用に仕入れたとの事で出てきた。舌触りのよい身肉で旨味もある。

この辺りで先客が帰り、入れ替わりで6名の団体がドヤドヤと入店。会社のエライのが若い部下大勢を連れて来たという感じか。私自身も以前にアメリカ人3人連れて来たので、お前が言うなという話だが、やはり寿司屋のカウンタはせいぜい3人くらいまでだよねえ。確か「新ばし しみづ」は、原則として4名以上のカウンタ予約は取らないと言ってたな。

もっともこの団体客は、一番偉そうなのがまとめて全員分同じものを頼んで誰一人異議挟む者無いので、店としての効率は大変よろしい。口ぐちに頼まれたらパニックだ(笑)

最初のお酒が無くなったらすぐにバイトの女性が「お代わりですね」と。気が効くじゃないか(笑)その後でいつもの焼酎ロック頼んで飲み過ぎたけども。

その注文に私も乗じて、タコもつまみで。しっかりした身肉に旨味あり。穴子の白焼きが出てくる。実に肉厚で、どこか上品な蒲鉾を食してるような食感。なんでも握りに使うアナゴとは別に仕入れているとの事。これはこれでつまみ専用として旨い。鶴八系のアナゴはあくまで握り用に仕上げてあり、つまみにはあまり好適ではないからなあ。

ハマグリもつまみで。飲み疲れた肝臓によい気がする。気のせいか(笑)

この辺りで握りに。中トロを1貫。コハダは肉厚で鶴八伝来のネットリした旨味。アジは片身だが握り全体を包み込むような豪快な握り。アナゴも本店同様に旨い。予約の団体はまだこれからのようなので早めに退散。とはいえ、なんだかんだで結構居たなあ。しかし商売繁盛で喜ばしいこと。


月曜はちょっと会社を出るのが遅くなったが「新橋鶴八分店」に電話すると親方が出て、団体が入っているのだがなんとか座れるという。「なんとか座れる」程度なら止めようかなと返事すると、「大丈夫です」と太鼓判押すのでそのまま入店。

入店するとカウンタに先客は一人。団体は30分後に来る由。じゃあ急いで頼むか(笑)

「金曜、土曜も寿司だったのに続きますね」と親方。このブログを読んでいるから分かるとのこと。本人に読まれてると困るところも無きにしもあらずなんだが(笑)

このところ「分店」にちょっと立ち寄り過ぎてblog更新が大変なので、今度から私の中での「分店」の分類を「居酒屋」という扱いにして、寿司日記に書かないようにするかと提案すると、「私の田舎の知り合いも読んでいるので続けてください」と。そんなに読まれてる気もしないんだけどなあ。

とにかくまず加賀鳶を一杯。お通しはミル貝の貝柱。軽く湯通ししてある。本店で醤油漬けにして供されるのは、ハマグリの貝柱なんだそうだ。

まずヒラメが出され、「今日は仕入れが大変でした」と。そういえば週末は台風のような風が吹いていた。ヒラメも若干小型だが本日は選るような状況ではなかったと。脂はそれなりに乗っているが、言われてみれば旨味は若干薄いだろうか。

シマアジは種札には無いが、団体客用に仕入れたとの事で出てきた。舌触りのよい身肉で旨味もある。

この辺りで先客が帰り、入れ替わりで6名の団体がドヤドヤと入店。会社のエライのが若い部下大勢を連れて来たという感じか。私自身も以前にアメリカ人3人連れて来たので、お前が言うなという話だが、やはり寿司屋のカウンタはせいぜい3人くらいまでだよねえ。確か「新ばし しみづ」は、原則として4名以上のカウンタ予約は取らないと言ってたな。

もっともこの団体客は、一番上がまとめて全員分同じものを注文し誰一人異議挟む者無いので、店としての効率は大変よろしい。ちゃんとお客のほうも考えている。口ぐちに頼まれたらパニックだ(笑)

最初のお酒が無くなったらすぐにバイトの女性が「お代わりですね」と声をかけてくれる。 おお!気が効くじゃないか(笑) その後でいつもの焼酎ロック頼んで飲み過ぎたけども。

団体の注文に私も乗じて、タコもつまみで。 しっかりした身肉に旨味あり。

穴子の白焼きが出てくる。実に肉厚で、どこか上品な蒲鉾を食してるようなシットリした食感。なんでも握りに使うアナゴとは別に仕入れているとの事。これはこれでつまみ専用として旨い。鶴八系のアナゴはあくまで握り用にトロトロに仕上げてあり、つまみにはあまり好適ではないからなあ。

ハマグリもつまみで。飲み疲れた肝臓によい気がする。気のせいか(笑)

この辺りで握りに。本日ヅケは無いとのことで、中トロを1貫。コハダは肉厚。鶴八伝来のネットリした旨味あり。アジは片身だが握り全体を包み込むような豪快な握り。 アナゴも本店同様に旨い。 予約の団体はまだこれからのようなので早めに退散。とはいえ、なんだかんだで結構長い時間居たなあ。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック