97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
月曜日は会社帰りに「新橋鶴八分店」。仕事の具合からすると休んでもよかったが、火曜日休日だと直近まで気づかずに休む算段を逃してしまった。

元々は金曜に「分店」に電話したところ満席とのこと。ではまた今度と伝えたら、「2日は空いてますが、予約入れておきますか」と親方が。寿司屋に電話して満席なのは珍しくないが、反対提案があるのは珍しいな(笑)ということで前の週に事前予約したのであった。

6時ちょっと前に入店すると既にカウンタには二組3名。飲み物はまず加賀鳶。カウンタ中央に座った一人客の爺様は、もうおまかせで握りに入ってるようなのだが、お椀は無いのかとか隣の二人組の注文見てはつまみを追加注文したり、焼酎くれとかなかなか注文が煩い客で、そちらが落ち着くまで私はお通しの鯛酒盗で酒をチビチビやりながら、しばしのんびりと。

まずつまみはヒラメ。本日はブリの入荷無く代打ちでカツオが復帰したが、あまり脂は乗ってないとのこと。ここで大常連O氏が登場。あれこれ寿司談義などしながら。

真ん中にいた爺様はほどなく帰ったのだが、本店から続く常連かと思って聞くと初めての客だとか。それにしては大分偉そうにあれこれ注文してたよなあ。まあ団塊の世代より上にはそんなのが多いけれども。本店には結構初めてと思しい若い客が来るのに、分店には年寄りしか来ないこの不思議(笑)他のお客もいたのにあれこれ注文が多かったので親方もだいぶ調子を崩したとのこと。まあ客商売だからどんな客が来ても調子崩してはいけませんな。

つまみは他に、シマアジ、アジ、サヨリ、シャコ、ハマグリなど。その後、もう一人本店の大常連氏も登場してO氏も含めて三人であれこれ雑談していたら、日本酒が芋焼酎ロックになってすっかり酩酊。魚の煮付けも出たし、握りも、中トロ、コハダ、アナゴと食したと思うのだが、記憶が大分定かではない。寿司屋で飲み過ぎてはいかんといつも自戒しているのだが、この店に来るといつも長居してしまう。困ったもんである。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック