97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲九州場所も本日千秋楽
先週日曜からアメリカ出張だったので、中日以降をリアルタイムでチェックできなかった。金曜夕方に帰国して、昨日の本場所中継まで間を見つけて録画した中日から13日目までをまとめてチェック。

話題になっていた白鵬の猫だましをようやく観た。横綱の技ではない、品格に欠けると咎める声もあるが、勝った後の本人の得意そうな顔を見て、twitterでアッケラカンと「一度やってみたかった」と書いたのを読むと、まあ確かに、一度はやってみたかったんだろうなあ、と思うしかないのだった(笑)

北の湖理事長が急逝したニュースにはびっくり。大相撲九月場所の九日目だったか、国技館二階を歩いていたら横の会議室の扉が空いて北の湖理事長が出て来た事があった。動作がずいぶんゆっくりで疲れてるように思えたっけ。

現役の相撲協会理事長が、本場所の最中に亡くなるというのは異例だが、身体がボロボロになりながら、最後まで場所に来て理事長としての勤めを果たそうとしていた生真面目さが印象深い。横綱に登り詰め、引退後もずっと相撲界に。理事長になってからは賭博問題や麻薬問題などに翻弄されたが、中学も相撲部屋から通い、相撲の世界しか知らないで生きてきた男が、世間の好き放題の批判にさらされ実にお気の毒でもあった。現役の頃から見ていたが、不世出の大横綱。ご冥福をお祈りしたい。

昨日は14日目をTV観戦。

白鵬土俵入りの時、北の湖理事長の遺体を乗せた車が最後のお別れに福岡国際センター前にやってきた。時代は常に止めどもなく変わって行く。

遠藤は右の膝を怪我しているとアナウンサーが。相撲取りは怪我していてもあまり言わないから外からは分からないが、確かに今場所は呆気無い負けが多い。怪我を治して来年は出直しだ。

幕内でいきなり3人も休場だと、観戦に来た人には残念だろう。といって割は既に印刷済で急に変える訳にもゆかないだろうし。勢は身体がデカいだけで大したことのない力士と思ってたが(失礼)、このところ攻めても守っても腰の備えが万全で急に強くなった印象。下半身を意識して強化したとのことだが、全体に体幹の力が増しているのだろう。

豪栄道は良い時と悪い時の差が大きい。まあ、もともとがそんな鉄火な相撲なんだけれども。カド番で7-7は厳しくなった。膝を怪我している照ノ富士には、今場所の様子からして、立合いから引いたり叩いたりして翻弄すれば容易に勝てると分かってたはずだが、白鵬は自らガップリ四ツに行ったように見えた。白鵬も長いブランクあり、最後に諦めたように見えたのは、やはり体力が落ちているのか。

照ノ富士は自分が優勝した時の日馬富士への恩返しをした形に。しかし白鵬も、日本人相手なら、強烈な張り手かましたりかち上げやるはずで、そうしたら今の照ノ富士には容易に勝てた気もするけどなあ。

ということで、いよいよ大相撲も今日で千秋楽。あっと言う間だ。割を見て幕内注目の取引を事前チェック。

北太樹は勝たないと幕内陥落の危機。なんとしても勝って、亡き北の湖親方に幕内残留を報告したいところ。御嶽海は新入幕勝ち越しを掛けて誉富士と。まだ優勝可能性を残す松鳳山は老獪な曲者、安美錦と。松鳳山は気負っているから頭から突っ込んで行き、バターンと引き落とされて土俵に両手突き涙の負けと予想するが。

豪栄道はカド番脱出を掛けて栃煌山と。栃煌は将来の大関獲りには9勝しておきたいが、気が小さいし子供の頃から知り合いの豪栄に引導渡し大関から引きずり落とすような厳しい相撲が取れるだろうか。呆気無く負けると余計な批判を生むと思う。

単独トップの日馬富士は稀勢の里を倒せば優勝だが、稀勢は自分への期待は裏切るが、余計な時に馬鹿力を出すから意外に侮れない。白鵬は普通なら鶴竜には負けないと思うが、昨日の覇気の無い相撲を見る限りでは何が起こるか判らなくなってきた。今日で今年の本場所もすべて終わり。本日午後はTV桟敷でずっと観戦だ。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
恐れ入りました
大相撲の予測、ことごとく当りました。慧眼に感服。鶴竜も最後に意地を見せました。白鵬も休場明けとはいえ力のピークは過ぎたのかも知れませんね。
2015/11/23(月) 09:32:09 | URL | in/go uncle #-[ 編集]
コメントありがとうございます。大体予想した通りになり自己満足にひたっております(笑)

白鵬は、テーピングした左足首が相当悪かったのかもしれません。来場所までにどれだけ戻せるか。相撲取りも30歳過ぎるとどんどん衰えがきますから、これからが厳しいでしょうねえ。
2015/11/25(水) 21:43:35 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック