97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部を観た。
先週の三連休最終日の月曜、「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部に。席は中央4列。ちょっと前過ぎる気もするが、あまり選択肢が無かったから、まあ仕方ない。

201511252021142ed.jpeg 2015112520220403e.jpeg

最初の演目は、「源平布引滝 実盛物語(さねもりものがたり)」。去年の歌舞伎座でも菊五郎の実盛で観た。

切られた小万の腕はその養父が釣り上げる。小万の腕を切った実盛が詮議に訪れるのは奇しくもその小万が育った家。そして小万は、同行した瀬尾がその昔に捨てた娘。自らの切られた腕を追い掛けるように運ばれてくる小万の遺体。源氏の白旗を巡り、因縁と運命の輪が巡る義太夫狂言。

筋書きによると、今回が初役の染五郎は吉右衛門に習ったのだとか。生締の凛々しくも爽やかな実盛。亀鶴の瀬尾十郎は、声量もあり、赤っ面の太い迫力あり。手柄を立てさせるため、わざと孫に腹を刺させる場面で、これでよいのだという贖罪の恍惚も印象的だし、荒技の「平馬返り」も見事に決まる。昨年の実盛では瀬尾は左團次だったから、この荒技は無理なのであった。しゃがんた格好から切る一種のトンボであるからやはり運動能力のある若いうちでないと出来ない。

全体に若い配役の中で小万の秀太郎だけが重鎮。子役はよく仕込んであり、義太夫に合わせての台詞もこなす。武士となったのだから母の仇を討つという太郎吉に、お前が大人になったら、合戦で討たれてやろうと約束する実盛は、遠い未来のその場所も自らの首が洗われる池の場所も幻視している。SF的な香りもするシュールな場面も印象的な狂言。

ここで30分の幕間。花篭で「秋の吹き寄せ御膳」を。なかなか結構。

20151125202240832.jpeg

二つ目の「若き日の信長」は大佛次郎が11世團十郎にあて書きした新歌舞伎。殿様の跡継ぎだが、人々に受け入れられず、うつけ者と呼ばれる若き日の信長を海老蔵が演じる。歌舞伎の名家に生まれた御曹司であるが、周囲に溶け込めず、遊び呆けて六本木で怖いのに殴られた実像の海老蔵とも重なって、割と本人も素でやれるのでは(笑)

死をもって信長を諌めた平手中務政秀は左團次。死の前の遺言に一字でも間違いがあると笑われると深刻に遺書を書く様子もなかなか印象的。実生活の海老蔵もこのように諫言してくれる者がいればよかったと思うけれども。

夜の部の「河内山」では、本人も音で覚えているだけで台詞の意味が分かってないのではと若干気になるほど台詞が上滑りする印象なのだが、新歌舞伎だと台詞がほぼ現代劇と同じ。なので海老蔵の口跡も極めて分かりやすい。純真なうつけ者から血まみれの戦国を智謀で生き延びんとする武将への変貌。全体として海老蔵の地でやれる当り役。

最後は「御所五郎蔵」

ストーリーの面白さはあまり無いように思うのだが、河竹黙阿弥による流麗な台詞と江戸情緒あふれる歌舞伎の様式美に満ちた見得が眼目。

「おお、菊五郎が元気に出てるねえ」、「左團次も頑張ってるねえ」ということを寿ぐ演目というか。序幕の終わりに仲裁役でちょっとだけ出る仁左衛門も観れてお得な気分。魁春は年寄りだと思ってみると年寄りなのだが、廓の女だと思ってみると妙に美しい時がある。歌舞伎の不思議だ(笑)

最後のほうは、大詰めでもうそろそろ時間だし、どうやって終わるのか心配になっていたら、「ちょんぱ」でいきなり終わり。なるほど。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック