97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
金曜日は会社帰りに思いついて「新橋鶴八分店」に電話。バイトの女性が出て「大丈夫です」というので入店すると、カウンタはほぼ満席。一番奥でとぐろを巻いている(笑)大常連O氏の横に一席空いてるだけ。一席入れて作りましたというのだが、断ってもらってもよかったのになあ(笑)

金曜の夜だけあって本店もほぼ満席だとか。盛況ですな。

お通しは平貝炙り。お酒は加賀鳶冷酒を貰う。立て込んでいるので、O氏と出張の事など雑談しながらのんびりと。まずヒラメは頼まずとも出て来た。

塩蒸しの札が出ていたのだが、他のお客全員が注文したので「もう無くなりました」と。困るねえ(笑)

ブリを注文。脂がだんだんと乗ってきたが天然独特のサラリとした旨味。噛み応えもよい。サバは脂の乗りはいまいちだが旨味はあり。ハマグリもつまみで貰って。

以前この店に食べ歩きで来訪した親方の寿司屋が早川光の寿司番組に出ていたことなど親方も入れて雑談。光り物〆るのに塩と一緒にグラニュー糖をまぜて使っていて事など、聞いたことがないなあと。漬け込む酢に糖分を入れる場合はあるかもしれないが、珍しい仕事だった。

酒が無くなるとすぐ補充され、最後は芋ロックまで飲んでO氏と歓談してたので、それ以外はあまり記憶無し。何しに寿司屋に来たか分からない羽目に。困ったもんだ。握りは、中トロ、コハダ、アナゴなど見計らって出されたのでそれを食したのみ。酩酊してタクシー帰宅。

酒ばかり飲んで食べてないから、大して書くこと無いのだが、五十嵐親方が、「前回来た時の記録がブログに上がってないじゃないですか」と寂しがるので、一応忘れぬうちに書いてみた。というか酔っ払ったのでだいぶ記憶に残ってないのだが(笑) 今度はあまり呑まずに真剣に寿司食べねば。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック