97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「十二月大歌舞伎」夜の部
土曜日は、歌舞伎座「十二月大歌舞伎」夜の部に。

20151208171337b76.jpeg

「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」の、「杉酒屋(すぎざかや)」、「道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)」、「三笠山御殿(みかさやまごてん)」の場面を通しで上演。

舞台は大化の改新の頃の上代。もっとも庶民の町屋の部分は江戸の風俗がそのままでみんな丁髷というこれは歌舞伎のお約束。

座組は花形歌舞伎かと思うほど全体に軽いが、玉三郎が、若手女形から七之助と児太郎、若手立役から松也を選んで重要な役を演じさせ、最後だけ自分で締めるという公演になっている。大変だろうが、確かに玉三郎が大詰めの幕で出て来た時の空気感は比類ないもの。

「杉酒屋」では、庶民の娘とお姫様の恋の鞘当てを七之助と児太郎が演じてなかなか印象的。歌舞伎に出てくる女性は常に積極的で男性に対して「好きです」「好きです」と迫るのだが、このような「クドキ」は昔の観客に大いにうけたのだろう。松也は大役なのだが割と存在感がない。まあ元々がそんな役とも言えるけれども。

中車の息子、團子が実に達者に丁稚子太郎を演じて客席を大いに沸かせる。親父も熱心に仕込んでいるのだと思うが、子供の頃から特訓し過ぎるとヘンに悪達者に小さく固まってしまうような気も。大名題の後継ぎ達も、最初は嫌々色んな習い事や稽古をやり、辞めるか続けるか、自分の将来を思い悩んでから、最後に歌舞伎役者として生きる道を自ら掴み取ってきた訳だからなあ。

「道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき)」は所作事。しっとりと口説いたり口説かれたり、後から追ってきた町娘お三輪と橘姫が烏帽子折求女を取り合っていがみ合うところも歌舞伎独特の様式美で見せており、実に面白い。

20151208171230f25.jpeg

ここで35分の幕間。花篭で「冬の彩り御膳」なるものを。何と比較するかで評価は違うだろうけど、月替わりの新企画でなかなか頑張っている。ただ、毎月値段が上がってる気がするのだが(笑)

幕間が終わると2時間近い「三笠山御殿」の段となる。この段からお三輪は七之助から玉三郎に。役者が変わっただけで舞台に重みが増し、七之助よりも玉三郎のほうが純情可憐に見えるという歌舞伎の不思議。

荒くれの漁師鱶七は、松緑が実に印象的に演じる。朗々たる声も張りがあり、眼光も鋭く押し出しあり、かつ稚気と愛嬌もある。義経よりもやはり、時代な荒事の印象を残すこの手の役のほうが松緑には合っているよなあ。

愛する男に裏切られたと知った憤激と「凝着の相」、しかしその男が実は高貴な生まれであり、自分の死がその男を助けるために役立つのだという事を聞かされた時の歓喜。政治的な背景など何も知らず、純真に愛だけを求めて運命の糸に導かれた哀れで可愛い女を玉三郎が印象的に演じている。

豆腐買おむらは、市川中車が初めて女形をやるという「ご馳走」。色々やらされて大変だろうが息子も歌舞伎界に入れており、親父の踏ん張りどころなのだろう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック