97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「十二月大歌舞伎」昼の部。
日曜日は歌舞伎座で「十二月大歌舞伎」昼の部。

市川中車がポスターに出るときは、大概汚い爺様の格好。血統からすると猿翁の直系であり無碍な扱いはできないが、40過ぎて歌舞伎の世界に入ってきた新参者。時代物や荒事で主役を張る事はできないが、新作歌舞伎や世話物で、汚い親父の役があれば、「ま、これを中車にやってもらうか」ということになってるのではないか。新参者に対する梨園のそこはかとない悪意を感じる(笑)まあご本人は覚悟の上だろうが。

最初の演目は「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)十種香」。人形浄瑠璃から移された時代物。

三姫の一つとされる八重垣姫を七之助が演じる。姫の気品と激しい情熱が交錯する印象的な人物像。腰元濡衣は児太郎。若干持ち切れない感あり。二人の間には松也の武田勝頼。開幕からしばらくして劇場内には香の香りが漂う。

長い芝居の一部分を切り取って出しているので、最後の幕切れはよく分からないが、とにかく終り。市川右近の謙信公は時代な大きさがあって印象的だが、十二月の出演は昼夜通じてこの場面だけなのがちょっと残念。

20151208171306a64.jpeg

ここでお昼の幕間。お昼なので軽めの「花かご膳」を。でも飲んでしまうんだなあ(笑)

次の演目は、木下順二 作坂東玉三郎 演出の「赤い陣羽織(あかいじんばおり)」。外国の民話を脚色したもの。

本筋にはあんまり関係ないが、馬がよく出来ているのには感心。玉三郎からは「歌舞伎から離れろ」と演技のアドバイス貰ったらしいが、中車のお代官は実に滑稽に成立している。ただしまあ新作だから、ごく普通の演劇に近く、中車も力が発揮できるだろう。つけまつげと化粧で、おやじが誰で代官が誰なのかさっぱり分からないが(笑)

音楽も下座音楽ではないし、確かに歌舞伎という感じがしない演目。演者が客席を走り回ったり、二階桟敷に現れたりして手拭を巻くなどの演出も奇抜で面白い。客席も沸き、大いに笑った。

最後の演目、「重戀雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」は舞踊劇。関守がいて、桜の木の妖精が出てくるというのは、なんだか記憶にあるなあ、と最初に思ったが不覚にも睡魔が襲ってきて、ところどころでウトウト。舞踊劇はやはり見方が分からないねえ。

後で過去ブログを調べると、今年の二月にも幸四郎、菊之助で同じ演目を観ていた事を発見。記憶悪いね(笑)その際も、どうも前半部分はあまり感銘を受けなかったようだ。常磐津が台詞を語るというのも眠くなる要因なんだよなあ。

松緑は関守の時は軽妙な演技と舞だが、「国崩し」の大伴黒主たる正体を現してからは古径で怪異な大きさがあり、実に印象的。今月は昼も夜も立役は松緑がしっかりと締めた。松也にとっては実においしい公演だったと思うが、そんなに強い印象は受けなかったなあ。

玉三郎の桜の精は、実に妖艶で美しかった。一瞬にして引き抜きの技で衣装がはらりと変化する部分も見ごたえあり。最後の見得もきっちり決まる。

これにて本年の歌舞伎納め。もう年の瀬だ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック