97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
土曜日の夜は「新ばし しみづ」。11月は出張ばかりでほとんど寿司屋に寄れてなかったので実に久しぶり。

当日の昼前に電話したが、既に早い時間は満席。第一陣が帰るくらいの時間を指定されて入店。カウンタの一番奥が一席だけ空いていた。

隣の一人客を挟んで最多来店記録F氏が居て、既に握りは終盤の模様。間のお客さんが帰った後にちょっと雑談。清水親方によると、前回で通算来店記録1900回を達成し、今回が1901回目の来店なのだと。偉大な記録だが、本当に数えたのかな(笑)

しかし年間最多来店記録樹立の時は200回を優に超えていたから、それくらいの回数に達しても確かに不思議ではない。こんな恐ろしい客が、別に威張らずに普通に静かに横に座っている事実を知るなら、どこの店であれ「常連でござい」とふんぞり返って偉そうにしてる輩の事が哀れに思えてくるから不思議だ。

お酒だけ常温を頼むと、後はいつも通り見計らってつまみから供される。お通しはナメコおろし。

まずヒラメ。上質な脂と旨み。タコは身がしっかりしてゼラチン質が一杯。サヨリは細切りにして小鉢で供される。牡蠣の塩辛風は冬の滋味にあふれる。

お酒をおかわり。軽めの〆のサバは脂が乗り身肉がトロリと甘い。赤貝は香り良し。漬け込みのハマグリ。ブリは炙って辛子で。白子ポン酢も冬場には実に良い。イカとウニでつまみ終了。、

ここからはお茶に切り替えて握りで。次々とテンポよく供される。まずマグロは赤身。熟成してしっとり柔らかい身肉は旨み充実。中トロは更にトロリとした旨み。ここの強い酢飯にぴったり。コハダも〆が強いがここの酢飯とのバランスは最高だ。アナゴは本来は最盛期ではないのだが、脂がのって本当にトロトロと身肉が酢飯に溶け崩れる。最後はカンピョウ巻で〆。

お酒を大きい銚子で二本飲んで、つまみも一通り食して、お茶でいつも通りの握りを食べて勘定までジャスト1時間。最近「分店」でダラダラ居る事に慣れていたが、やはり寿司屋はあまり長居する場所ではない。またこの店でサッと食べて帰る「寿司力」を鍛え直さないと(笑)年内にまだ何回か来れるだろう。

帰宅して「アド街ック天国」新橋烏森編を見る。先週の予告編で「新橋鶴八」の鉄火巻が映っていたが、「分店」にも取材が来たと。「しみづ」は取材依頼があったが店内撮影は断ったとまでは聞いていた。ランキングではまず「久」が。アジフライは確かに素晴らしいが、海老フライのほうが好きだなあ。

よく見ると「P.M.9」も映っている。このロケの時私は「P.M.9」店内で飲んでおり、なんだか外が明るいがTVの撮影かなとバーテンダーM氏と雑談中。新人が外に見に行って、「アド街」が「久」さん撮影してますよと知らせてくれたのだった。「新橋鶴八」も「分店」もちゃんと登場。カウンタで師弟対談したのも収録したと聞いたが、それはボツになった模様。「しみづ」は店内撮影を断ったから、やはり番組的には紹介しづらかったのだろうなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック