97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」で本年の初寿司
本日お昼はいつもの「新ばし しみづ」にて本年の「寿司初め」。短い年末年始に毎日飲み続けていたので、疲れはピーク。しかし明日からもう仕事か。

お屠蘇代わりにシャンペンがグラスで供される。カウンタは満席。新年おめでとうございますと親方と挨拶して、一斉に始まる。メニューも正月編成。

最初は瀬戸内の焼きアナゴを入れた茶碗蒸し。上品な出汁が旨い。関西では雑煮や茶碗蒸しには焼きアナゴが必須だから実に懐かしい気がする。その後常温のお酒を一本のみ頼む。

まず刺身はヒラメ。上質な脂。タコも分厚い身肉に旨味あり。大根に挟んだ自家製のカラスミ、シャコ煮浸し、牡蠣塩辛風が載せられた一皿。カラスミは大ぶりでかなり時間をかけて干しで熟成させているとのこと。回りを軽く炙って。ネットリとした旨味は比類が無い。ツブ貝は刺身で供される。独特の爽やかな潮の風味あり。

ブリは切り身を炙り辛子添えで。漬け込みのハマグリと赤貝は刺身で供される。最後に、甘鯛の蒸し物。ネギを叩いた薬味を乗せて。ネットリした身の脂が甘い。

ここからお茶を貰っていつも通りの握りに。中トロを2。シットリした身肉に旨味が充実。コハダも2。アナゴは塩とツメで。カンピョウ巻で〆。塩も酢も強い独特の酢飯に合った仕事。お年賀のてぬぐい頂いて、本年もよろしくと挨拶してホロ酔いで店を出た。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック