97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」本年初訪問
木曜の夜は「新橋鶴八」。当日夕方に電話したら、すぐにお弟子さんが出て「大丈夫です」と。入店してみると、奥の座敷では既に宴会が始まっており、カウンタにも既に3組のお客さんが入っている。

席に着いて親方、女将さんと「おめでとうございます、本年もよろしく」と挨拶。年末は30日まで営業したので正月休みは長めに取り、7日の本日が本年の営業初日。毎年、魚が揃わないからと、初競りからちょっと間を置いて開店してたっけ。

まず菊正宗の冷酒。お通しはスミイカ下足。まずはつまみを切ってもらう。最初はヒラメ。肉厚で旨味あり。握りの注文がどんどん入るのでつけ場は忙しいが、親方はちゃんと目配りしてくれているので、注文するのにストレスは無い。

塩蒸しは香り高く旨味が濃い。ブリもつまみで。一番脂の乗った腹の部分を切りつける。ビッシリと脂があるが天然物独特のサッパリした旨味。お酒をお代わりして、漬け込みのハマグリ、シャコもつまみで。

お隣に「分店」でも何度か顔を合わせた常連氏が来たので、あれこれ雑談しながら、お茶を貰い握りに。

まず中トロ2。トロにも近い脂のある身。コハダも2。何時もながらネットリした旨味。サッパリした米の甘みが仄かに薫る酢飯もまた旨い。アナゴも2。柔らかく煮上がったアナゴには水飴のような濃いツメ。これがまた独特。小ぶりのメソッコをプリプリの食感が残る爽煮にしたのが最高という人もいるが、個人的にはちっともそう思わない。鶴八系のほうがずっと旨いと思うがなあ。ま、好き好きですが(笑)

最後はカンピョウ巻で〆。先客が注文した際、もう残り少なかったので大丈夫かと思ったが、親方は「まだあるんですよ」と新しいのを出してきた。「分店のもこちらで作ってますから」との由。

通い慣れた店で、いつもの素晴らしい寿司を味わう充実感。

帰りに「分店」覗いて、五十嵐親方と、既にとぐろを巻いている大常連O氏に手を振り「本年もよろしく」と挨拶。O氏は「座って飲んでけよ」と言うのだが、もうカウンタは満席で座る所ないよ(笑)新年初の「PM9」に行くかと烏森神社に向かうと、「久」の親方にも会い、今年もよろしくと挨拶。

「P.M.9」では、バーテンダーM氏とも新年の挨拶。ドライ・マティーニを飲むうち、最多来店記録F氏が隣に。本日は「しみづ」だったとのこと。新年を祝いであれこれ雑談していると、「しみづ」の女将さんがF氏の忘れ物を届けに来て、こちらも新年のご挨拶。3日は店に出てなかったからねえ。「新年3日には「しみづ」で初寿司だったし、この日で、一気に烏森界隈への挨拶は全て完了したという効率的な夜であった。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック