97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし 笹田」新年初訪問。
火曜日は「新ばし笹田」。新年初訪問。去年、カラスミを引き取りする時に予約してあった。笹田氏や奥さんと新年のご挨拶。お弟子さん達も礼儀正しく合間に挨拶に来る。

新年の営業は5日からとのこと。今年の年末年始は短かったなあ。ちょうど「新ばし しみづ」は新年営業を終えて休みに入っており、明日辺りに来店するとのこと。

6時前に入店したのだが、カウンタには既にお客が2組。もう厨房はバタバタしている。奥の3人組は接待のようだが、声高によくしゃべるなあ。偉そうにしているから、まあ実際に偉いのだろう。しかしちょっと五月蠅い(笑)こっちは離れているからよいが隣の客は大迷惑だろう。

お酒は磯自慢純米吟醸。チェイサーに氷水をもらって始めてもらう。

京風の白味噌仕立てのお雑煮。一月一杯はお正月気分で京風のお雑煮が出るとのこと。煮た小さな丸餅、京人参に子芋。白味噌は酒かすの如き濃厚な旨味あり。

必ず供される定番の壬生菜と油揚げの煮物は、心休まる味。

茹でた松葉蟹。立派な脚と蟹爪は綺麗に切れ目が入っており食べやすい。それ以外に味付けした蟹みそとほぐし身が別に添えられて蟹の旨みを堪能。生姜の効いた蟹酢が旨い。蝦夷アワビの塩蒸しにイカ塩辛。アワビはちょっと新橋鶴八の塩蒸しにも似ている。イカ塩辛は濃厚な旨みで酒が進む。

お造りが供される。淡路のタイは身肉にしっかりした旨み。北海道天然のホタテはさっぱりした甘味あり。評判がよいので最近よく使うとのこと。江戸前のスミイカは身が実に厚くネットリと。

白甘鯛のお椀は粟麩を添えて。身肉に満ちた上品な脂が出汁に溶け崩れて、混然とした旨みとなる。鰆の照り焼き。しっかりした身肉によく脂が乗っている。魚編に春と書くが旧暦の話なので今が盛りだとは笹田氏に教えて貰った。

葉ワサビと平貝、エビの酢の物が供される。エビの赤身が鮮やかで新年の雰囲気あるなあ(笑)煮物はこれもこの店冬の定番、自家製のおでん。おでんとは言うものの、自家製の揚げボール、鳥皮、うずら卵、京人参、海老イモ、聖護院大根など、材料すべて別々に煮炊きして味を含ませた上品な煮物。これも実に美味い。

〆は炊飯土釜で炊き立てのご飯。ちりめん山椒、お新香、赤出汁を添えて。香ばしいお焦げもお代わりで。番茶が煎茶に差し替えられ、最後はこれまたいつもの定番、冷製の白玉ぜんざい。冬の食材を活かした「笹田」の味を堪能。今年はもっと訪問しなければ。満ち足りた気分で家路に。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック