97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
西大島「與兵衛」訪問
大相撲初場所千秋楽。琴奨菊の初優勝。表彰式も全て見て、最後の神送りの儀式までいてから両国国技館を出ると6時半近くになっていた。そこから西大島まで。

今年初の「與兵衛」。入店して、本年もよろしくと挨拶。ちょうど両国国技館で琴奨菊の優勝を見て来た帰りなんだと話すと親方は、「日本人優勝させるために何か調整とかあったんじゃないの」と。いやいや、調整して優勝できるんだったら、稀勢の里を勝たせてるっての(笑) 何回か稀勢の里にもう一度チャンス与えるかのようなラッキーな物言いもあったけど、もう一丁やっても、稀勢の里は同じ事繰り返して負けて、全然勝てなかったの(笑) 下馬評にもなかった琴奨菊が優勝する事こそ、大相撲が真剣勝負だという面白いところなんだよ。

カウンタにはこの店で何度もお会いした某氏が一人。今夜の客は二人だけのようだ。

今日は珍しく空いてるねと親方に聞くと、「いつもこんな程度ですよ」と言うのだが、先週末は貸し切りで満席だったじゃないか(笑)なんでも1月は、結構貸し切りが多かったとのこと。

河岸での仕入れの話など雑談しながら始めてもらう。よい仲卸と付き合わないと良い物は引けない。しかし「取っときました」と奥から出て来た時に、要らなくてもつい見栄を張って買ってしまうとのこと。「要らないのに買ってくるんですよ」と奥さんがボヤくのだが、まあそんなものなんでしょうな。

本日の大吟醸を貰って、最初は牡蠣のスープ。肉厚の牡蠣、濃い旨味が素晴らしい。

最初はお通しの一皿。海老頭、ホタテ煮浸し、白子、シャコ漬け込み、中トロ炙りづけ、スミイカゲソ。酒が進む。十四代、そして九平次に切り替え。

築地「つかさ」閉店の話をすると、親方は「そういえば最近河岸で会ってなかったけど」とビックリしていた。そうだよなあ。

適当な所で握りに。

握りは、まず赤身のヅケ。ネットリした赤身。スミイカも軽いヅケに。ヒラメはまず一味をアクセントにした甘酢ヅケ。その後で濃厚な胡麻醤油ヅケ。硬めの酢飯が口中で米の甘味を感じさせながら種と一緒にほぐれる絶妙な握り具合。

海老は甘酢に潜らせおぼろを噛ませて。シマアジはヅケにした後皮目を香ばしく焼霜にして、薄切り3枚をつける。これがまた旨い。北寄貝も軽く茹でて甘酢に潜らせる。爽やかな甘味。

ここから光り物が連続で。サヨリは小型だが何枚かをつける。コハダも大ぶりではないが旨味あり。サバもネットリと。ハマグリとアナゴは独特のコクを感じるツメで。最後は卵焼きを貰って〆。

来店した有名ハリウッドスターに何枚も色紙出した某有名寿司屋の話やら、近くに来たのにいくら携帯で教えても店になかなかたどり着かなかった客の話や、親方が通っている整体の先生の珍妙な話など、あれこれの話題で実に面白かった。

勘定をすませて年賀の手ぬぐいを貰い、満ち足りた気分でタクシー帰宅。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック