97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
水曜日は会社を出るのがちょっと遅くなった。外に出てから「新橋鶴八分店」に電話するとバイトの女性が出て、「1席だけなら空いております」という。しかしつけ場が親方一人なのに満席だと時間がかかってしかたない。ではまた今度と断る(笑) 単に「お席ご用意できます」とだけ返事されてたら、ウッカリそのまま行ってたところだった。正直な店でよろしい(笑)

ダメモトで「新ばし しみづ」に電話すると、なんと空いていた。ちょっと混んでるような気配だが、こちらはお弟子さんも2名いるので満席でもストレスは感じないはず。

入店すると、やはりほぼ満席。しかし、開店早々に入店した一巡目が終わり、次が入ってくるちょうど幕間のような時間。入口側の爺様二人は既に食べ終わってお茶を飲んでいたのだが、二人ともタブレット出して車の写真を見ながら長々と雑談。「すきやばし」なら「もう帰ってくれ」と怒鳴られるだろうが、「しみづ」は辛抱強く席を立つのを待っている。しかしさすがに次のお客の時間が迫ってきたので、「すみません、もうそろそろ」と爺様に声をかける。常連だったとみえて、支度して帰るのは早かった。

お酒を常温で貰い、いつも通り何も言わずとも見計らってつまみが供される。お通しは菜の花。

まずヒラメ。品の良い脂に旨味あり。タイ昆布〆はしっかり昆布の旨味が乗る。タコは塩で。牡蠣の塩辛風。酒によく合うが味わってみると結構塩味はしっかりついている。

白魚とヤリイカゲソのオリーブオイル合えは春の香り。温かいオリーブオイルが香ばしくも旨い。サバはしっかり〆られ脂が甘い。赤貝、子持ちヤリイカ煮付け。白子ポン酢もつまみで。つまみにはもう春の彩り。白魚が天麩羅で供されるのは立春から桜が咲くまでと、以前築地「なかがわ」で教えて貰ったが、立春過ぎたら、そろそろ春の山菜と白魚を食しに「なかがわ」にも行かないと。

お茶を貰って握りに。マグロは2貫とも脂のある部位。熟成しているが、若干脂乗り過ぎかな。コハダは片身づけ。肉厚のコハダは厳しく〆られてここの酢飯にしっかりと合う。アナゴは塩とツメで。「肝臓も疲れてるでしょう」と親方が笑ってハマグリ出汁の椀がが出てくる。確かに正月以来から飲み過ぎかもしれない。最後はカンピョウ巻。満ち足りた気分で店を出てタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック