97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
金曜日は長い会議や外出もあって結構疲れた。夕方になって、さて今夜はどこで一杯やろうかと思案。以前ならまず、築地「つかさ」に電話してたのだがと、癒しがたい喪失感あり。

「分店」は木、金と満席ですと携帯にメッセージ入ってたっけ。ということで「新橋鶴八」本店に電話。なにやら慣れないバイトの女性が電話を取って、たどたどしい調子で予約を取る。電話番号まで聞かれてしまった(笑) 7時に満席になるのでそこまでならとの事。元々寿司屋では長居しないほうなので、6時前に入れば、飲んでつまんで握りを食して余裕で大丈夫だろう。

入店するとカウンタにはまだ一組。なんでも7時に一斉に客が来て、奥の座敷も一杯になるのだとか。最近は、鉄火巻きの注文も多く、やはり「アド街」効果が続いているのかもしれないとのこと。

カウンタ一番奥の席には座布団が敷かれている。大常連O氏の指定席(笑) 親方によると分店から、「今日はこちらは満席なのでどうしてもそちらで入れてくれませんか」と懇願されて、しかたないので補助席入れて席作ったとの事。大常連O氏が無理に入ったおかげで補助席に追いやられた客がいる訳で、まさに禍福は糾える縄の如しですな(笑)

お酒は菊正の冷酒。お通しはマグロヅケの切り落とし。築地市場移転の事など石丸親方と雑談しながらまずつまみから。肉厚のヒラメは身が活かっており脂も乗っている。ここの醤油も煮切りではない甘み無いスッキリした風味で好きだなあ。

そうこうしているうちに大常連O氏が登場。考えてみると今年はまだ分店に行ってないから、隣に座るのは今年初めてか。「最近、分店に来ないじゃないか」と言うのだが、あっちも「アド街」効果か結構新規の客で早い時間から混んでる事が多いらしい。ただTVで新規客が詰めかけると、常連になろうとしてた人が予約取れずに離れたりするから、そこにもまた商売の難しさがある。

まだお客は少ないので親方と大常連O氏とあれこれ雑談。親方は、あと2年ほどしたらこの店はキッパリ締めて引退すると言う。「神保町だって引退は結局だいぶ遅くなったらしいじゃない」と聞いたが、「私はこういう事は頑固なんで一度決めたら変えないんです」と笑う。それは困るよなあ。

今の店と「新橋鶴八」の名前をどうするかは考え中とのこと。今いる「新橋鶴八最後の弟子」に「あなたが店をブランド料込みで買い取ったら? まあ1億円も払えば大丈夫だ」と無責任にけしかける(笑)「暖簾代はきちんとしないと税務署がうるさい場合があるよ」、「この店を誰かに譲ったら「分店」が「本店」になるのかな」、「まあのれんだけ交換すればよいんでは」、「しみづも新橋鶴八継ぎたいという話もあるんですよ」、「だとしたら分店は系統が変わるから、「ニュー新橋鶴八」にすべきだ」などと、何を言ってるか分からない無責任な雑談など。

つまみは、その後、香り良い塩蒸し。ブリはビッシリと脂が乗るが爽やかな噛み心地。漬け込みのシャコとハマグリもつまみで。この辺りでお茶に切り替えて握りに。隣のO氏はジックリやるつもりのようで、7時にドッと客が来たら全部後回しにされるので、事前につまみを在庫発注している。

握りのほうは、脂がビッシリのマグロ、コハダ、アナゴ、カンピョウ巻といつも通り。米の旨味を感じるふっくらした酢飯。7時の客が早めに到着しだしたので適当な所で勘定を。「まだいいじゃないか」と大常連O氏は呑気に言うのだが、既に店の外には入店待つ客が。7時数分前に店を出た。タクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
新橋鶴橋閉店なんですかあ。
鶴橋、二年で閉店なんですか。江戸前寿司を代表する名店ですので、残念ですねえ。
そうなると分店が本店に昇格になるのですしょうか?で、本店が新たなお弟子さんによる分店になるとか。
新橋鶴橋はロケーションがまず面白いと思います。店自体は格調高いですけど、同じフロアは場末感満載で、いかがわしさも満載であり、なんであんなところに寿司の老舗の名店があるのだろう、と初めて訪れた人はだいたい思うのではと。
でもそこが「銀座」と違う「新橋」の魅力でしょうし、あの地でずっと美味しい寿司屋が存続してもらいたいと願っております。
2016/02/01(月) 23:43:48 | URL | 九州人 #mQop/nM.[ 編集]
九州人様

あのビルも昔の二階は飲食店ばかりだったそうですが、いつの間にやら中国マッサージの巣窟の如き場所にw

新橋鶴八は「しみづ」が継ぐ事もあり得ると思いますね。

石丸親方も新橋の店を閉めた後でも、マンションの一室で会員制の店やるとも言ってましたよ。仕事完全に辞めるとボケちゃうからとw
2016/02/03(水) 16:25:18 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック