97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
金曜日お昼前に「新橋鶴八分店」に電話。しかし本日は満席とのこと。「アド街」効果がまだ続いてるのか(笑)。「昨日はずいぶん空いてたんですが」と言うのだが、木曜はマンション管理組合の用事で帰宅しないといけなかった。巡り合わせが悪い時は悪い。もうこのまま訪問できないまま年が終わったりして(笑)

しかし「新ばし しみづ」に電話すると席が空いていた。善き哉。会社帰りに入店。

カウンタには既に何組か先客あり。お酒を常温で貰って始めてもらう。お通しは菜の花。

白身では、ヒラメがそろそろ産卵期で厳しくなり、今日置いてあるのはホウボウだとのこと。時折端境期にお目にかかる白身。若干の癖を感じる時もあるが、この日の個体は、瑞々しい身に上品な旨味あり。身肉のしっかりしたタコは塩で。香りよし。

白魚とヤリイカゲソは、軽く火を通し温かいオリーブオイルで合える。実に旨い。天麩羅の白魚は立春頃からというが、今年は早いのだとか。築地の天麩羅でも多分もう使ってますよと清水親方。

サバもそろそろラストスパートだと。まだ中心に生っぽさを残す軽めの〆だが旨味あり。白子ポン酢はほっとする温かき旨味。アジが種札に。軽く酢を聞かせてあるが、もう脂が乗り出している。赤貝、漬け込みのハマグリ。サヨリもそろそろ産卵期に入る頃だろうか。細切りにして生姜醤油で和えた一皿。ヤリイカ煮付けもつまみで。濃厚なツメが子持ちの身によく合う。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。お弟子さんも女将さんも気働きよくテキパキ動いて、立て込んでいてもまったくストレスを感じないのがこの店の素晴らしいところ。

マグロは脂の具合を変えて2貫。きめ細かい脂とシットリした旨味。この店の強い酢飯に実によく合う。肉厚のコハダは、生臭さを飛ばした強めの〆。赤酢の強い酢飯とのコンビネーションはどこの店にも無い「しみづ」だけのもの。アナゴは塩とツメと1貫ずつ。このトロトロのアナゴの豊穣を知ったら、プリプリの爽煮にしたメソッコを珍重するのが愚に思える。ま、勿論好き好きですが(笑)最後はカンピョウ巻で〆。

最初から最後まで、「しみづ」に来たという安定した満足感あり。

勘定済ませて、「P.M.9」寄るか迷ったが飲み疲れもあるので見送り。女将さんの見送りを受けて店を後に。タクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック