97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
久々に「新橋鶴八分店」訪問。
月曜の夜は「新橋鶴八分店」。タイミングが合わず今年初めての訪問。

午前中に電話したら仕込み中だったのか電話には誰も出なかったが、ナンバー表示で分かったと見えて、五十嵐親方から、「安心してください、空いてますよ」と「とにかく明るい安村」の如き携帯メッセージが到着。

時刻通りにニュー新橋ビルに行くと、まだ他のお客が来てなかったとみえて、五十嵐親方自ら店の前でお出迎え。月曜日はいつも大常連O氏が来る日で一番奥の席にはいつもの座布団が置かれている。この日は知り合いが来るとのことで、隣に座るのは免れて、相手する手間が省けてちょっと助かった(笑)。

まだ「アド街」効果があるのか、新しいお客さんも増えたとのこと。「満席ばかりで予約取れないとネットで叩かれているぞ」と脅かしておいた(笑) 私自身も、「さわ田」や「あら輝」は一頃熱心に通ったが、満席が続くようになり、ずいぶん前から予約取るのがなんだか急に面倒になって、通うのを止めてしまったものなあ。そして、一度長く空くと敷居が高くなって、もう行けなくなるのだ。

店の繁盛は結構な話なんだけど、予約を断ることが多くなると、せっかくついた客が諦めて去って行く。特定の常連だけ贔屓しても、また他の客は去って行く。本当は弟子を入れてお昼も営業したほうがよいと思うが、それはそれで固定費が増える。商売というのはなかなか難しいものである。

冷酒を貰って切って貰う。お通しは鯛の酒盗。ヒラメはなかなか旨みあり。シマアジもプルンとした触感がよい。塩蒸しが珍しく置いてある。よいアワビがあれば作るとのこと。まあ春になれば伊豆やら房総やらが解禁になってくる。

大常連O氏が到着し、その知り合いも来店したので、「新橋鶴八」の暖簾の行方など、あれこれ雑談。弟子の格から言うと「しみづ」が継ぐのがよいんじゃないかというと、五十嵐親方は、「新橋鶴八伝来の仕事をそっくり受け継いでいるのはうちの方じゃないですか」と主張するのだが。しみづが継いだら系統が変わる訳だから、もう「分店」という訳にはゆかない。その際は「ニュー新橋鶴八」に改名するよう、強く勧めておいた(笑)

タコ、サヨリもつまみで。サヨリの皮は串に巻いて炙って供される。アナゴの白焼きは、一夜干ししたアナゴを炙るのだとか。煮上げたのは握り用でつまみ用に仕込んでいるとのこと。これはこれで香ばしくて美味い。その他、イカを軽くつけ焼きにしたつまみなど。

急に立て込んできたのでそろそろ帰らねば。握りは、中トロ、コハダ、アナゴ、カンピョウ巻など。酢飯は新橋鶴八伝来、米の甘味を残すふっくらした旨み。他にも握りは何か出たとは思うのだが、冷酒の後で芋焼酎ロックを飲んでいたので、ちょっと思い出せないのだった。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/14(日) 16:50:47 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます。
名前をどこに継がせるかは、なかなか難しいですねえ。仕事なのか年功順なのか。
2016/02/14(日) 20:49:33 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック