97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天麩羅 なかがわ」訪問
日曜の夜は築地の「天麩羅なかがわ」。

土曜日に電話したら、席が空いていた。中川氏は仕事中は寡黙な職人であるが、電話するとすぐにこちらの名前を認識して、「いつもお世話になってます」と、受け答えはいつも明るく快活。店を訪問するのが楽しみになる。電話を受けるところから真面目な仕事が始まってるのだと何時も感じる店。

開店すぐに入店。今夜もまた満席のようだ。商売繁盛である。お酒は冷たいのを所望。お通しは菜の花。

特に何も頼まなくとも、おまかせのコースが始まる。メニューは久しく見た事がないけれども、「天麩羅は季節感なく決まった魚介類だけが本格」という考えのお客用にも、海老、キス、イカ、アナゴ等の基本種だけを供しているリーズナブルなコースがあったはず。

ただ、季節の旬の物を天麩羅に求めるならば、やはり、最初から店におまかせのコースのほうがすっと楽しめると思う次第。寿司と違って天麩羅は、揚げ油のコントロールもあって、全員がお好みで口々に注文しては大変な事になる。かといって、安いコース頼んで、後で好きなものだけ追加するのも、相当の天麩羅手練で店に慣れてないとタイミングが難しい。

まずは海老から。最初は塩で。二本目は天つゆで食する。いつもと同様、サッと揚げ、中心部に生を残した上品な甘味。鬼殻を取った海老頭はもう少し深く揚げて香り高く海老味噌は甘い。キスは衣が香ばしく、ホロホロと崩れる身肉にも水分が飛んだ旨味あり。

ここで白魚。一本一本丁寧に揚げられている。元々意外に濃い旨味がある魚だが、ここの香ばしい揚げ方の衣にまた素晴らしく合う。今年は出るのが早いと「しみづ」で聞いていたが尋ねると、「でも良い物が少ないですね」と中川氏談。桜の時期までだそうだが、今年も食する事が出来て幸せな美味。

ふきのとう。春を告げる実に爽やかなホロ苦さ。胃が賦活する旨い胃の妙薬を食べているような至福(笑)

さっと揚げたスミイカは実に肉厚。しかし火の通しはごく浅く、スカっとしたスミイカ独特の歯切れを絶妙に残しているのだった。メゴチは強めの火で皮目を焼き切る。これも天麩羅を食ってるなと感じさせる独特の種。タラの芽もまた春の山菜。もう少しすると天然の物が出てくるのだとか。

白子は濃厚な旨味が、香ばしい衣に包まれている。酢橘を添えて塩で。ウニは大葉に包んでサッと揚げる。冬の名残の種も旨味十分。冬の名残に春の走りが顔を出し、交錯した美味がどちらも楽しめる時期。

穴子は一匹をじっくり揚げて、箸で挟んで中央をバスンと切るのだが、煮上げた寿司屋の穴子とはまったく違う意味で穴子の美味さをつくづくと味わえるここの看板。素晴らしい。

サツマイモ、椎茸、茄子、アスパラなどの野菜も旨い。厨房の笊に盛ってあるが、見ても立派で食しても旨く、どれも中川氏のこだわりを感じさせるもの。最後は小柱の天丼。赤出汁とお新香と共に。これまた実に旨い。日本人は御飯だよなあ(笑) 

実に久々の訪問。この所荒れた天候が続き、どうかなと思ったが、プロはきちんとしている。天麩羅を食するということの至福を味わった夜。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/02/19(金) 20:20:52 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます。確かにこの店は、おまかせで頼むと割と量がありますし、年齢がゆくにつれてしんどくなってくるのは事実ですね。一番安いコース頼んで、白魚と白子だけ追加している人がいましたが、量を食べないならそんな注文がよいかもしれません。

ワインについては、私自身は和食系の店では大変なので種類置く必要無い派です。フレンチなら品揃えがレストランの格ですが、和食では置くとお客の好みが千差万別なので、大変なことになると思います。「笹田」にも、いくら置いても客全てを満足させる事はできないので、ワインは止めておけと勧めています(笑)

寿司の「新橋鶴八」は、飲み物は何でも持ち込んでくださいと言うのがよいかもしれませんね。「しみづ」みたいに自分が好きで置いてるのならよいのですが。

2016/02/19(金) 20:53:33 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック