97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問。
火曜の夜は会社帰りに「新橋鶴八分店」に。最近、満席が多いので、午前中に電話しておいた。本当は会社出てから電話してフラッと寄れる寿司屋が理想なんだが。

入店すると先客は1名だが、アッ!カウンタ一番奥に大常連O氏用の座布団が。「Oさんはここにはいつも月曜に来るんじゃなかったっけ。今日は本当は本店に行く日だよなあ」と五十嵐親方に確認していると、噂をすれば影でご本人登場。「一階で声かけたのに無視したじゃないか」と言われたが、予約の時間にちょっと時間に遅れてたので急いでいたのであった(笑)。

O氏ご本尊になぜ今日はこちらなのか問うと、時々シフト変えるんだとのこと。今日は居ないからさっさと帰ろうと思ってたのになあ。

とりあえず、あれこれ雑談しながら冷酒を。加賀鳶。お通しはハマグリの柱。青柳の小柱とは違い、歯応えがあってハマグリの風味がする。

前回の訪問時に、握りは何食べたか確認すると、五十嵐親方は、「鉄火巻きも出したじゃないですか」と言う。なんでもO氏とO氏の知り合いと私で一人前を分けたというのだが、記憶に無いなあ(笑)。本店の鉄火巻きに比べると、分店のマグロの盛りが悪いんじゃないかと言うと「そんな事ないですよ」と言うのだが、そうかなあ。

店は予約無しの客も入ってきて、結構な賑わいに。

O氏と雑談しながら弟子は取らないのかと聞くと、自分から「使って下さい」と入門してくる未経験者でないと嫌なのだという。そんなの今時居るのかな(笑)ただ、ご本人の「新橋鶴八」入門の経緯は、飲食店で働きたいと漠然とは思っていたが「神田鶴八鮨ばなし」を読んで感心したご両親が「新橋鶴八」に連絡取って修行しろと勧めてくれたのだとか。自分だって自分の意志で入門した訳ではないじゃないか(笑)石丸親方によると、「息子は何時一人前になれますか」とご両親からも常に聞かれており、分店としての独立を勧めたのもそれがあったからだと。

まずつまみを。肉厚のヒラメは1.8キロ青森産。旨味あり。塩蒸しは香りがよい。シャコ、サヨリ、タコなども適当にもらう。種札にはもうカツオが。ブリが今期は良くないので代わりに入れたとのこと。握りも何か食したはずだが、隣に大常連O氏がいて、あれこれ雑談して飲み過ぎたため、あまり記憶が無いのであった。

本店では必ず握りに移行する時にはお茶に切り替え、頼むのはいつも同じものだが、分店でO氏と一緒の時は、日本酒の後で焼酎飲むし、そもそもなかなかO氏が帰らないのを知ってる親方がそれに合わせたペースでのんびりとやるので、結局私も巻き添え食ってなかなか帰れない事に(笑) しかも頼んでない握りがO氏と一緒に出て来たりするから、余計に覚えられない。まあ飲み過ぎなければよいのだけども。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック