97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
木曜夜は「新橋鶴八」。火曜に大常連O氏と「分店」で出くわした訳だから、本店と交互に行ってるとすると、今日は「分店」のはず(笑) ニュー新橋ビル二階に上がって外から「分店」を望見すると、一番奥の席に座布団が敷かれている。「よしよし今日は分店なんだ」ということで本店に入店。

まず冷酒を。お通しは塩蒸しアワビの周りの切れっ端部分。初めて貰ったが、味が濃くてなかなか旨いなあ。

「一昨日は分店で飲まされて大変だったでしょ」と石丸親方が笑う。なぜ知ってるのかと思ったら、昨日大常連O氏がここに来て語ってたとのこと。そうか、何食べたかあんまり覚えてないのは、やはり大常連O氏に飲まされたせいなんだ。困ったもんだよ。

つまみはまず肉厚のヒラメ。旨味あり。塩蒸しのアワビはなかなか立派な大きさ。アジは軽く酢にくぐらせてから切る。脂はまだ薄いが爽やかな旨味。サヨリは真っ白に脂が乗っている。そろそろ卵を持つので今が盛りとのこと。皮は串に巻いて炙る。漬け込みのハマグリもつまみで。肝臓に効く気がする(笑)どれも鶴八独特のしっかりした旨みのある種揃い。

他の客が注文した鉄火巻を観ていたが、やはりマグロの盛りが凄い。よくあれで巻けると感心するほど。比較するとやはり「分店」のほうがマグロの盛りが悪いね。

適当なところでお茶に切り替えて、握りに。やはり握りはお茶で食さないと、飲み続けていると翌日に響く。まず中トロ2。脂が乗って酢飯に溶け崩れる。コハダは肉厚の身だが、独特のネットリした〆。美味いなあ。アナゴも2貫。軽く温めるのだが、まさにとろけるほどのトロトロ具合。最後はカンピョウ巻。仕事した種は相変わらず、いぶし銀の如きずっしりした安定感あり。素晴らしかった。

冷酒を3杯飲んでつまみと握りを食し、入店から勘定済ませて店を出るまで1時間15分。まあだいたいこれが一番よいペースかな。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック