97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座三月大歌舞伎昼の部を観た
仕事がバタバタしてすっかり間が空いてしまったが、とりあえず備忘のみ。

先週日曜の昼は、歌舞伎座三月大歌舞伎昼の部。「中村芝雀改め五代目中村雀右衛門襲名披露」。

最初の演目「寿曽我対面」は若手中心。江戸の庶民が大好きな曽我兄弟が仇討の敵と対面するという、昔から正月によくかかった人気の演目。新年の目出度い雰囲気を残しつつ、白塗りの殿様、赤っ面、女方、和事に荒事と、歌舞伎の様式美に満ちて襲名を寿ぐ狂言。橋之助は深く大きく、勘九郎は柔らかく、松緑は豪快に。扇雀、鴈治郎、友右衛門など襲名ならではの分厚い布陣。

舞踊「女戻駕」は、人形町の大火を経て、浅草郊外の何も無い処に建てられた新吉原の風情を残す書割が面白い。時蔵と菊之助が艶やかに。「俄獅子」は大門をくぐった廓の賑わい。鳶の頭と芸者連。梅玉の粋な鳶頭もよい。江戸の粋と情緒に溢れる舞踊。

ここで幕間。花篭にて「はなかご膳」で一杯。イヤホンガイドでは、新雀右衛門のインタビューがあったのだが、地声ながら、不思議となんとなく女形だなあと感じさせる声なのだった。

襲名披露演目「鎌倉三代記」は。菊五郎休演で菊之助が代演。凛々しくも美しい若武者だが、周りが大看板ばかり並んだ豪華な布陣の中では、一人だけ若干若さが浮くような。まあ急遽立った代打ちだからお気の毒。吉右衛門は実に軽妙に出て、「実は」井戸から再び現れると、今度は重厚で古径な大きさを見せる。上手いよなあ。一瞬にして衣装が変わるぶっ返し、そして美しき大団円の見得も見事。

最後は仁左衛門父子の軽妙な「団子売」。襲名披露独特の華やかな雰囲気を盛り上げて打ち出し。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック