97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲三月場所初日観戦写真日記
大相撲三月場所初日を見物に大阪まで一泊遠征。備忘の写真日記など。

会場の大阪府立体育会館は、賑やかな街中にドンと建っている。エディオンアリーナと言うのか。ネーミングライツを売却したのですな。

20160316210827521.jpeg 201603161941308de.jpeg
20160316210957ff0.jpeg

館内は階段の作りが複雑怪奇で、慣れないと自分が何処にいるか判らなくなる。何処かのおばちゃんが警備の担当に場所を確認して、「ホンマかいな、私、ずっと迷ってるんやで」とキレていた(笑)

20160316193950bd6.jpeg

席は椅子席S。SSというのが一番高いのだが、椅子自体が豪華な訳ではなく、土俵を正面に見る位置。どの椅子も肘掛け無し。ただ座布団は装着されている。Sはやや斜めからになるが、エディオン・アリーナは長方形なので、マス席BやCよりも土俵に近い感じ。

20160316193918f94.jpeg
201603161942366f5.jpeg 2016031619430592d.jpeg

天皇賜杯はちゃんと運んできており、吉本賞など関西ならではの賞も。さて琴奨菊は連続で賜杯を胸に抱けるかな。

aIMG_1761 - Copy

昼前に入ったのでまだ客席は空いている。

20160316194204c43.jpeg

取敢えず売店で弁当買って腹ごしらえ。その後で館内をあれこれ探索。

20160316194456db3.jpeg

一階の入り口には板番付が。そのうちに次々と力士が場所入り。大阪場所は溜席の入場口と同じところから力士も場所入り。力士と観客の距離が近いのがいかにも地方場所の雰囲気。

20160316194344d35.jpeg

aIMG_1766.jpg aIMG_1770.jpg
aIMG_1771.jpg aIMG_1774.jpg
aIMG_1795.jpg
20160316194527132.jpeg

琴奨菊の等身大パネルも観客をお出迎え。これも東京から運んできてるのかね。

201603161945599b8.jpeg

遠藤は身体にサポーター無し。当りも悪くなかったが、常幸龍にいなされて手をついてしまう。身体はそれなりに動いていると思えたが、相撲勘はだいぶ鈍っているのでは。

aIMG_1805.jpg

協会ご挨拶の後で中入、そして幕内土俵入り。

aIMG_1811.jpg
aIMG_1813.jpg

初日は満員御礼。大阪場所は茶屋もしっかりあり、前売りは全て完売であるから、おそらく15日連続で満員御礼が出るのでは。

aIMG_1815.jpg
aIMG_1821.jpg aIMG_1822.jpg

横綱土俵入りの後で、琴奨菊による賜杯、優勝旗返還式が。優勝額の掲示は今場所の優勝者と合わせて五月場所の国技館だ。

aIMG_1832.jpg

逸ノ城は玉鷲になんとか勝ったが、自分よりも小さい相手とがっぷりでヨタヨタしており、寄る力が相当落ちているように思えた。もはや怪物ではない。琴奨菊は、初日にいきなり負けるのではと言う悪い予感を取り敢えず跳ね除けてくれてよかった。先場所同様きちんと圧力が相手に伝わっている。

白鵬は呼び込むような叩きが墓穴を掘ったが、どうしたのか。今まで全て一蹴しており普通なら負けるイメージの無い相手。しかし段々と自分のイメージ通りに身体が動かなくなってくるのが、アスリートに忍び寄る衰えというものだからなあ。鶴竜は豊ノ島に地力負けした印象が情けない。

いきなり二横綱に土。場内はどよめいた。荒れる大阪場所のジンクスは健在。

20160316195542a3f.jpeg

弓取り式の後、外に出ると小雨模様。新大阪に向かい、新幹線に飛び乗って帰京。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック