97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座四月大歌舞伎夜の部を観た
土曜日は歌舞伎座四月大歌舞伎夜の部に。

201604171315490ed.jpeg

熊本の群発地震は未だ収まらず、難儀している住民が多数居る時に、なんとなく気が引けるが、私が観劇を自粛したとて被災地の役に立つ事は何も無い。個人的には赤十字に義援金送るくらいしか出来る事はないのだし。

20160417131652082.jpeg

席はA2ブロック7列目。座高高い人は前におらず実に快適。今月は歌舞伎公演があちこちで行われているからか、場内はところどころ空席あり。当日の食事予約もずいぶん予約あるような感じだった。演目は2本で、幕間は35分の1回だけというのは割と珍しいかな。

最初は松嶋屋親子が出演する「彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」いわゆる「毛谷村」だがその前の段「杉坂墓所」からの上演。

以前、菊五郎初役で観た際は、ストーリーに脈絡が無くカタルシスが無いように感じたが、今回「杉坂墓所」から出ると登場人物の関係性が分かり、前よりは面白く感じる。人形浄瑠璃から歌舞伎化された作品だが、長い原作の九段目「毛谷村」だけポンと出すと登場人物が分かりづらいのだよねえ。

母思いで心根のやさしい剣豪、毛谷村六助を仁左衛門が上方弁で柔らかく演じるが、なかなか爽やかに成立している。

虚無僧姿で登場するお園は、前に観た際途中で「アッ、これは女だ」と感じて時蔵の芸には感心した記憶あり。顔を隠した虚無僧が立ち回りするのだが、最初は全く男に思えるのものの、途中からどこか女を感じさせるのだ。そして編笠を取るとそこには女の顔が。しかし実際に演じているのは男である女形という歌舞伎の重層性と様式美。

孝太郎のお園も悪くはないのだが、花道の出から女だというのがちょっと分かり過ぎか。この役の演技もなかなか微妙なものなんだなあ。

運命の輪は「敵討ち」を巡り、関係者を主人公の元に奇妙な縁で結びつけて行く。ただ、それでもなお、ストーリーとして若干カタルシスに欠けるように思うのは、やはり現代では「敵討ち」に対する常識がもう失われているからだろうか。電話帳も住民票もSNSも無い昔は、敵討ちの相手を探すだけでも大変だっただろう。彌十郎の杣斧右衛門はいわゆる「ご馳走」。上演回数の多い演目なので、演者による形の違いなどに着目できるようになると、また面白さが増すのだろうけどねえ。

20160417131716ece.jpeg

幕間は三階「花篭」で月替り弁当の「卯の花御膳」で一杯。幕間35分だとほんのちょっと余裕あり。

次の演目は、「高野山開創1200年記念」と銘打った新作歌舞伎、「幻想神空海(げんそうしんくうかい)沙門空海唐の国にて鬼と宴す」

原作が夢枕獏と聞くと「サイコ・ダイバー」シリーズを懐かしく思い出す。休憩無し2時間以上の長い舞台。幻術と魑魅魍魎が跋扈する唐の都、長安。玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋が時空を交錯して空海の眼前に展開する。

ストーリーのスケールは大きく、セリやスッポンの多用、墓からの兵俑、スモークの中からの黄鶴の出現など、舞台装置や廻り舞台の使い方も凝っている。琵琶を引きつつ染五郎が歌うというのも面白い趣向。いかにも新作歌舞伎だが、楊貴妃の悲劇を分かりやすく編集して見せる、竹本の演奏による劇中劇が、新作歌舞伎の中にまた歌舞伎が出現するという印象的な趣向。

なかなか面白いが、原作が長いからか全体にエピソードを詰め込み過ぎた感もあり。まったく予備知識無しに観たので途中で誰が誰やら判らなくなってちょっと混乱した(笑)

ほとんど出ずっぱりの主役、空海を染五郎が演じるのだが、意外に印象が薄い。無名の私学僧が何故か突然遣唐使となり、わずか2年の唐留学で真言密教の最高潅頂を受法し、大阿闍梨として日本に真言密教を持ち帰る。この異能かつ偉大な天才宗教家としての空海の大きさがこの舞台ではあまり描かれておらず、どこか世話物に出てくる江戸の町人のよう。役柄としても単なる狂言回しに思えるのだが、これが原作でもそうだったのだろうか。そう思って見ると、松也演じる橘逸勢は「よいしょ」を連発するだけの子分に見えてくるのだった。

楊貴妃役の雀右衛門は、芸者役などやると艶がイマイチに感じるが、狂った楊貴妃役として舞うと妖気に溢れ鮮やかにも美しく成立している。玉蓮の米吉、春琴の児太郎共に伸び伸びと演じて実に魅力的。最後に出てくる憲宗皇帝の幸四郎は、さすがに長い舞台をキッチリと締めて大きかった。

20160417131740a4d.jpeg

打ち出しは9時過ぎ。帰宅して、氷結ストロングで一杯。劇中でも出て来たが、楊貴妃の好物「ライチ」の風味というのが珍しい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック