97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
月曜日、定時ちょっと前に電話したら空いていたので「新橋鶴八」。入店してみると、アレ? 既に大常連O氏がカウンタ一番奥で座席に座布団引いて陣取り、トグロを巻いている。

「分店は満席だったろう」と聞くので、「いやいや、月曜はOさんは分店だと思ったので、最初にこっちに電話したら空いてたんですよ」と言うと、なんでも分店は本日5時からカウンタ満席で、大常連O氏も断られたとの事。大変な繁盛ですな(笑)

「分店」も最初は本店経由の客が多かったが、O氏によると最近は新しい客ばかりとのことで結構なお話。最近も電話すると大概満席。

冷酒を貰ってつまみから。お通しはハマグリの柱。まずヒラメ。そろそろカレイとの端境期だが肉厚でまだ旨味を保っている。塩蒸しもつまみで。

石丸親方と地震の事などあれこれ雑談。親方は佐賀出身だがもう地元には誰も居ない由。ここのコハダはこの時期、熊本の天草産なのだが、本日はやはり築地に入荷無かったと。この日は江戸前を仕入れたが、10枚しかなかったので明日はコハダはすぐ種切れですとのこと。日曜は暴風雨の如き風だったのでトリ貝なども築地にほとんど入荷無かったとのこと。確かに日曜のあの風で出漁したら漁師も遭難の危機だ。

道路と熊本空港が完全復旧して天草の漁業も早く商売が復旧するように祈りたい。

アジもつまみで。ふっくらした肉厚。脂も段々と乗ってきた。漬け込みのハマグリも。

この辺りでお茶に切り替えて握りに。隣の大常連O氏は焼酎飲んで行けと言うのだが、月曜から深酒しては仕事にならない(笑)。

握りは中トロ。脂の多いほぼトロに近い部位。土曜に仕込んだという、熊本天草産のコハダ。ネットリした身肉の旨味あり。このネットリ具合が新橋鶴八独特の技で、米の旨味を感じるふっくらした酢飯に実によく合う。穴子、カンピョウ巻で〆。種はどれもズッシリした重厚な旨味。新橋鶴八でしか感じられない独特の満足感あり。

小雨模様なので、ほろ酔いでタクシー帰宅。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック