97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
金曜日の夜は「新橋鶴八分店」。

会社を出る前に電話すると、五十嵐親方が出て空いているという。大常連O氏は来ないか確認すると「来ません」と。「本当だな、来たら帰るぞ」と言うと観念して、「実は来ます」と自白(笑) じゃあ行くの止めるわと言ったのだが、「来てくれ」と懇願するので、席が空いてるなら仕方ないかと行くことに。

入店したのはいつもより遅めの時間。やはりO氏がカウンタ一番奥、いつもの定位置で椅子に座布団引いてとぐろを巻いている。O氏がいるとあれこれ話をして面白いのだが、なにしろ滞在時間が長いので、店のほうが調整して、私が注文してるのに出さない、O氏としゃべって気をとられていると、注文してないものが勝手に出てくるなど、ペースが乱れて困るんだよなあ。

お通しはハマグリの柱。加賀鳶冷酒を注文。まだ何も注文していないのにつまみでカレイが出て来る。身肉にはなかなか良い旨味あり。カツオは注文したらちゃんと出て来た(笑)爽やかな春の香り。

塩蒸しは本日蝦夷アワビの入荷が無かったとのことで種札に無し。ただ、もうすぐ房総の物が出て来るだろう。注文したのはここまでで、後はO氏が何やかやと話しかけてくるので相手をしているうちに、いつの間にかあれこれ出て来る。本店の流儀と違うなあ。

このところ電話すると満席の場合も多いが、客の年齢層が本店よりも明らかに若くなってきた。開店当初は本店から流れてくる年配の客が多かったのだが、今やここで出くわす年配の客というとO氏くらい。新しい酒は新しい革袋に。客の世代交代が進まないと店が繁盛し続けることはできない。その点では実に結構な話なのであった。

シャコ、アジ、ミル貝の炙りなどまでは記憶あり。アジもふっくらとした身にだんだんと脂が乗ってきた。トリ貝は話題には出たが食したかなあ。

バチコ、塩ウニ、鯛酒盗の珍味三点盛りが出て来たのは記憶にあり。酒の肴が出て来るとまた酒が進んで大変なんだよなあ。途中で芋焼酎ロックに切り替え。握りもまたO氏と会話している間に勝手に出て来るのだが、ヅケ、中トロ、コハダ、アナゴなんかだったかなあ。米の粒の甘みを感じるふっくらした酢飯の具合は本店譲りで相変わらず結構だったのは覚えているのだが。

なんだかんだ2時間以上滞在して他の客は居なくなった。帰ろうとするとO氏がもう一軒行くと行って聞かない。しょうがないのでお付き合いして、新橋ディープなエリア、昭和の香りがする場末の小さなスナックで、カラオケを歌う。こんな店がまだ残ってますか。なんだか昔にタイムスリップしたみたいな夜。飲んだら飲んだで調子が上がり、すっかり酩酊してタクシー帰宅。いったい何やってるんでしょうか(笑)しばらく分店訪問は控えるか。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック