97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
連休初日の金曜は、飲み疲れが出てグダグダしていたが、夕方は久しぶりに「新ばし しみづ」。

お酒を常温で。お通しはしらすおろし。いつも通りつまみから。チェイサーに水を所望すると「今日はどうしたんですか」とびっくりされる。仕事が忙しく酒席も続いており、疲れが蓄積しているのだった。

まず白身はカレイ。肉厚で上品な旨味あり。アオリイカは細かく包丁が入りネットリした甘み。ホタルイカは茹でたのと沖漬けを両方。

房総の立派なアワビ塩蒸しは大ぶりに切ってゴロリと。凝縮した海の滋味。4月から解禁だがまだ4回くらいしか入荷が無いと。昔の店にはとてつもない大きさの貝殻が記念に飾ってあったが、清水親方は「もう昔の話になってしまいましたねえ」と。

今度、「分店」と銀座四階を訪問することや、寿司種の事など、親方と雑談しながらお酒もおかわり。

シマアジも舌触りよし。軽く回りを炙ったカツオ塩タタキ。爽やかな春のカツオの香り。平貝も炙って七味を添える。トリ貝はフレッシュな酸味あり。甘鯛の蒸し物が供される。出汁に溶ける甘鯛の旨味。ウニもつまみで。この辺りでお茶に切り替えて握りに。

まずは、シットリした肉質の中トロを2貫。固めの力強い酢飯にネットリした旨味が溶け崩れる。

コハダは片身づけ。天草の産だとか。熊本の流通もほぼ平常に戻ったようだ。産卵期で脂が抜けてきているが、ここの〆の仕事ではまだ旨味が充分ある。肉厚のアジは軽く酢に回してあるが、トロリとした旨味が酢飯にピッタリ。まったくの生よりも酢が入ったほうが好きだなあ。アナゴはあまり良く無い時期だが、それでも鶴八伝来のトロトロに。塩で1貫、ツメで1貫。〆には筋間のマグロの

満ち足りた気分で勘定を済ませ、女将さんに見送られながら「P.M.9」の扉を開ける。店内はお客無し。祝日はやはり暇なんだとか。

バーテンダーM氏とあれこれと雑談。最多来店記録氏が最近来てるかどうかなど確認しつつ、のんびりとまずマティーニを飲む。一杯で止めるつもりだったが、やはり調子が出て来てその後で、ハイランドのシングルモルト。フローラルで豪華な香り。〆はライフロイグ15年。いささか酩酊してタクシー帰宅。

今朝は何故か早く目が覚める。久しぶりに外をランニング。すっかり身体が鈍っておりすぐに息が上がるが、汗をかくのは気持ちがよい。さあ、連休は何をしようか。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/04/30(土) 13:03:09 | | #[ 編集]
直前まで仕事でバタバタしておりましたので、このGWは旅行の予定は入っておらず、主だった予定というと、後半に歌舞伎二日、大相撲一日が入っている程度です。

能は観たことないのですが、歌舞伎の「勧進帳」は誰がやっても、それぞれの役者の特質が現れて、面白いと思いますねえ。まあ荒事の典型的な演目ですから、誰にでもできる訳ではないので、自ずからやる人は限られますが。

大した回答でなくて申し訳ないですw
2016/04/30(土) 13:53:22 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック