97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
大相撲五月場所、初日観戦写真日記
連休明けは仕事がバタバタしたのですっかり更新を忘れていたが、GW最終日の日曜は大相撲五月場所初日。両国国技館まで観戦に行ったので備忘のための写真日記など。

a1IMG_4593 - Copy
a1IMG_4594 - Copy

櫓には板番付。力士名が書かれた幟がはためいていると相撲気分が高まってくるなあ。

a1IMG_4595.jpg

天皇賜杯は大阪からちゃんと戻ってきて国技館に鎮座している。

a1IMG_4596.jpg

取ったのは椅子席A、東の二階席一番最前列。ここは見やすいかと思ったが、意外に手すりが邪魔ですな。まあ前列の客が前のめりになられるよりはずっとストレスないが。

a1IMG_4597.jpg

まず本日の取り組み表をチェック。再入幕した遠藤には3枚しか懸賞がついていない。永谷園の「遠藤のだっこちゃん」はどうしてしまったのだろうか。まあまた番付が上がってくれば懸賞も復活するだろうが。妙に懸賞の数が多いと、相手がしゃかりきになって取りに来るので、まあ怪我が癒えるまでは、少ないほうが良いかもしれない。

a1IMG_4598.jpg a1IMG_4605.jpg

今場所から国技館南門からの通路にはコーンが置かれている。力士の入待ちをする際、今まで何も規制されておらず、我勝ちに前に出る観客がいると後ろの観客も自然と前に出る。力士が通る道路が狭まって、勢などは露骨に嫌な顔をしていたから、やはり規制したほうがよい。リール守らない者が得する無法地帯ではやはりいけないだろう。もともと移動販売の屋台みたいな店が出ており、あれがあるから観客が両方に立ってもよいような雰囲気になっていたのだが、こちらも撤去されてスッキリ。

a1IMG_4599.jpg a1IMG_4600.jpg

二階「雷電」で、冷奴、しじみエスプレッソ、ちゃんこ定食で酒を一杯。国技館に来た時だけは、いくら食べてもよい気がするなあ(笑) ちゃんこのニンニク味噌が結構なり。

a1IMG_4609.jpg a1IMG_4611 - Copy (2)

a1IMG_4619 - Copy - Copy

遠藤も結構早目の場所入り。カラーコーン置かれて規制されたおかげで秩序が戻ってきて実に結構。

a1IMG_4621.jpg

十両の取り組み、宇良は本当にピンクの締め込みであった。

a1IMG_1985 - Copy a1IMG_1986 - Copy

初日にあたり、八角新理事長による協会ご挨拶。

a1IMG_1996 - Copy
a1IMG_2015 - Copy a1IMG_2018.jpg

幕内土俵入りに続いて横綱土俵入り。歌舞伎にも似て、江戸時代から連綿と続く、一種の様式美なんだね。

a1IMG_4624.jpg

初日から満員御礼。

a1IMG_2025.jpg

白鵬による優勝旗返還。

 a1IMG_2026.jpg a1IMG_2028.jpg

続いて優勝額の除幕式。これは東京国技館にしかないから二場所分をまとめてやることになる。琴奨菊が土俵に上がり、西方の優勝額が除幕される。国技館の四方に掲載されている優勝額でたった一人の日本出身力士ということになるのだった。

a1IMG_2061.jpg a1IMG_2064.jpg

初日の館内、観客は割と静か。上位が敗れる番狂わせが無かったから沸かなかったのか、それとも取り組みからあまり波乱が予想できなかったから最初から静かだったのか。いずれにせよ取り組み結果は横綱大関上位陣が全員安泰という好スタートに。打ち出しの太鼓を聞きながら外を歩くと気持ちよい初夏の風。夏場所が始まったのだ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック