97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問
水曜日は部下の歓迎会で結構飲んだのだが、木曜も夕方になるとやはり一杯やって帰るかという考えになってきたw 「分店」からは週末近辺は立て込んでいると携帯にメッセージ貰っている。それではと「新橋鶴八」に電話すると、空いているというのでそのまま入店。

カウンタ一番奥の席には座布団が引かれ、いつもの大常連O氏が。分店と本店を交互に行き来しているとのことだから、普通どちらかにで遭う確率は50%のはずだが、もっと高い確率で遭う。というよりも大抵いつでも遭う。いったいどうなってるんだ(笑)

O氏と私以外にはしばらく客がいなかったので、相撲の事やら若冲展の事など親方や女将さんも入れてあれこれ雑談。若冲展はNHKが気合い入れて宣伝し過ぎた感もあるし、元々東京都美術館というのは設計が良くないのか、何を展示していても大混雑だという印象がある。O氏によると日本には暇な爺さん婆さんが多すぎて、美術に興味なんか無くても暇つぶしに押し掛けてやがるんだとのこと。まあそうかもしれないけれども(笑)

冷酒を貰って、お通しは炙った平貝。香りがよい。最初に頼むのは白身に決まっているので、これだけは注文せずとも出てくる。この日はフッコ。小型のスズキであるが、房総産。乾いた感じの脂に独特の風味と旨味あり。海の上層を泳いでいるので水が綺麗なところでないとダメなのだと。

アワビ塩蒸しも立派なもの。この前「鮨竹」に一緒に行った「新橋鶴八最後の弟子」が、「鮨竹」の塩蒸しを食して、「これは塩蒸しじゃない」と呟いていたが、石丸親方もうちのやり方が本当の塩蒸しなんだと。実に風味と香り高く適度な歯ごたえがあるんだよねえ。この前分店に連れていったアメリカ人も感心していたっけ。

アジもつまみで。赤酢にくぐらせてから銀皮を剥ぐ。肉厚の身にネットリした脂が乗る。ハマグリもつまみで。酒飲んで疲れた肝臓に効く気がするなあ。

O氏は焼酎飲んで行けと勧めるのだが、丁重に断ってお茶に切り替えて握りを。この時点で既に入店から1時間以上経過。いつもよりあれこれO氏や親方と雑談している分滞在が長引いていることになる。

既に他に何組かお客がおり、お好みで握りを頼んでいる合間を縫っていつもの注文。まず中トロ2。コハダは片身づけの大きさだがネットリとした旨味は比類がない。穴子も段々と脂が乗ってきた。最後はカンピョウ巻。この日は気持ち酢飯がいつもより柔らかい気がしたが、それでも米の旨味を感じる具合は変わらない。寿司種も安定の旨さ。やはり寿司屋は自分が信頼できる通い慣れた親方の店が一番だ。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック