97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八分店」訪問
火曜の夜は「新橋鶴八分店」。夕方に電話かけてると空いてるという。五十嵐親方に「大常連Oさんは来ないよな」と再度念を押したら「今日は本店の番です」と言ってたので安心して訪問。暖簾をくぐるとまだ早いのだがグラグラに酔っ払ったオッサンが帰るところ。開店から1時間程度でよくあんなに酔っ払えるよなあ(笑)

と思って店内を見るとカウンタ一番奥には、大常連O氏が座っている。話が違うじゃないか(笑) 本店と分店を交互に訪問してるとの事で、私がランダムにどちらかに行くとして出くわす確率は50%のはず。しかし何故いつ行っても遭うのかが分からんなあ。話が違うじゃないかと文句言うと、私の電話の後で予約が入ったんですと。ご本尊に聞いても、本店の順番だったのだが今日は満席だったと。そうかなあ。

お通しは炙った平貝。お酒は加賀鳶冷酒を貰って。本店の場合は注文したものがすぐに出て来るのだが分店でO氏と一緒だと、注文しても、「まあ、ゆっくりやって下さい」となかなか出て来ないし、その内に酔っ払ってくると、頼んで無いものが勝手に出て来る。これでは覚えられないよなあ(笑)

つまみはまず白身から。カレイを。肉厚で旨味あり。頼んで無いのにシマアジも切ってきた。これは天然だとか。確かにくどい脂が無くさっぱりした身で旨い。舌触りも違う。養殖もハマチと比べると成功している部類だし卸して直ぐだと目立たないが、やはり時間が経つと養殖臭が出るのだろう。

アワビ塩蒸しもなかなか大きいもの。しっかりと火を入れて水分を飛ばし、旨味と身肉の弾力に満ち、香りも良い「新橋鶴八」伝来の塩蒸しだ。大常連O氏とは、世田谷「小笹寿し」や、桜新町「喜与し」の話など。この人は実にあちこち寿司屋に行ってるので会話すると面白い。「喜与し」もよい店だったけどもう店を閉めてしまったと聞いたが。銀座「小笹」も良いけれどもあまりにも高いよね。

つまみは他に、立派な身のカツオ、トリ貝など。炙ったバチコも貰った。

あと、握りはアジは貰ったはず。他は何しろ勝手に出すから記憶がなあ(笑) いつも本店で頼んでる、中トロ、コハダ、穴子は出たのではないかと思うのだが。酢飯は本店伝来、米の甘味をしっかり感じる固めの炊き上げ。これは好きだなあ。途中でハマグリ出汁かと思うが小さなお椀が出た。

その後は、大常連O氏がカラオケに行こうとしきりに誘うので、しょうが無くお付き合い。行きつけのスナックがあると言うのでついて行くと、新橋界隈にはまだこんなレトロな所があるのかと驚く昭和初期から変わってないような店があるのだった。どこかにタイムトンネルがあって、そこを知らぬ間に潜ったのかねえ。なんだかんだで更に飲んで酩酊。結局タクシー帰宅。一体何やってるんだ(笑)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大常連O氏は a little bit awkward 。同意デス ハハハ
2016/05/28(土) 20:46:27 | URL | in/go uncle #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック