97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「六月大歌舞伎 義経千本桜」第三部
土曜日は疲れが出てグダグダしていたが夕方から歌舞伎座、六月大歌舞伎第三部に。歌舞伎の三大名作と言われる「義経千本桜」の通し上演。ただ元々が一本筋が通ったような大作ではなく、オムニバスのような形式で、各段が独立に上演されるのも普通だし、別に第一部から観ないと訳が分からないということもなかろう。

20160605113726aea.jpeg 20160605113753fdd.jpeg

第三部は、猿之助と澤瀉屋一門の「狐忠信(きつねただのぶ)」。最初の「道行初音旅」いわゆる「吉野山」には染五郎が珍しく女形の静御前として猿之助の相手を務める。

清元の語りが始まった後、浅葱色の幕が切って落とされるとそこは満面の桜が咲き誇る吉野山。静御前が鼓を打つとスッポンから、猿之助演じる佐藤忠信実は源九郎狐が登場。所作事となる。踊りが進むと清元と竹本の掛け合いに。

染五郎の静御前は、まあそういうのもアリですかという感じではあるが一応きちんと成立している。「吉野山」は以前の歌舞伎座で、坂田藤十郎演じる静御前というのを観たが、演出が結構違う。忠信の髷、元結が蝶のような派手な形で、ちょうど狐の耳に見える趣向が面白い。猿弥演じる逸見藤太は楽屋落ちを含むいかにも滑稽な歌舞伎味を見せて、観客を沸かせる。

幕切れ、子狐の本性を現して蝶と戯れ、引き抜きで一瞬に衣装を変え、花道を狐六法で去る猿之助は実に印象的。

201606051138150a2.jpeg

30分の幕間は、三階の花篭で「あおい御膳」頼んで一杯。三部制だと食事してから来るお客さんもいるのか、食堂はガラガラ。「あおい御膳」は稚鮎天麩羅、鱧、甘味の西瓜など今年初めて食した。そうだ「新ばし 笹田」にしばらく行ってないからなあ。

幕間の後は、「川連法眼館」。いわゆる「四ノ切」。「三代猿之助四十八撰の内、市川猿之助宙乗り狐六法相勤め申し候」と添え書きがある。当代の猿之助が新装なった歌舞伎座で宙乗りを披露するのは初めて。

義経の潜む吉野の川連法眼の館に、本物の佐藤忠信と忠信に化けて静御前を守護していた源九郎狐が鉢合わせする。二役を演じるのは猿之助。笑也の静御前が鼓を打つと、ドロドロと化やかしの物が出る太鼓が鳴り、花道の明かりが点灯、スッポンに目が行くと、花道奥の揚幕が引かれる金属音がして、奥から大きな声がする。しかし次の瞬間には舞台中央のセリから忠信狐が現れているのだった。あえて観客の視点を間違えた所に誘導するミス・ダイレクションのケレン。面白いねえ。

20160605113835956.jpeg

早変わりや舞台裏を瞬間移動してのあちこちからの出など、歌舞伎のケレンに満ちた狂言。親狐の皮で作られた初音の鼓に寄せる子狐の思慕と静御前守護の功を認められてその鼓を賜った源九郎狐の歓喜を全身に現した最後の宙乗り。猿之助の身体能力は素晴らしい。澤瀉屋伝来の芸とも言える、義経千本桜「狐忠信」四ノ切。

澤瀉屋は現代歌舞伎の門閥では傍流なのかもしれないが、江戸庶民が熱狂した歌舞伎のケレンを実に華麗に現代に伝えている。実に面白かった。三部制も公演時間が短く済むので、観劇の時間的負担も少なく、なかなか良いのだが、全部観ると二部制よりも高いというのがちょっとねえ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック