97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
月曜は会社帰りに「新橋鶴八」。会社を出る寸前に電話すると女将さんが出て空いていると。

入店してみると、カウンタ一番奥には大常連O氏が椅子席に座布団引いてとぐろを巻いている。本店、分店をランダムに交代で訪問しているらしいのだが、私がどちらを訪問しても必ず遭遇するのは、確率論的にどう考えても納得ゆかないなあ(笑)

しかし本日は、O氏と仲良しの他の常連が来訪するとの事で、O氏の隣に一席空けてあり、更にその隣には既に二人組が座った隣という、随分離れた平和な席で相手せずに住んで助かった(笑)

お通しはハマグリの柱漬け。青柳の柱よりも旨みが濃い。お酒は菊正宗の冷酒。

この店は基本的にはおまかせ無しで、種札から注文するのだが、私の場合最初のつまみである白身だけは注文せずとも大抵親方が切ってくる。まあ絶対に最初に頼むものなあ。

この日の白身はフッコ。表層の魚なので悪いものは癖があるというが、常磐のフッコは上物で、独特のコクと風味を感じる飴色の身。親方は「フッコ、旨いでしょう」と。確かに夏独特の滋味ある白身。

塩蒸しも、鶴八系独特。身肉に弾力ある仕上がりの仕事。香りと旨みが良い。これまた夏場の至福だなあ。分厚い身肉にフックラした脂と旨みが乗ったアジもつまみで。これは九州かな。漬け込みのハマグリもつまみで、しみじみ美味いね。

O氏の隣には既にもう一人の常連が現れて雑談中。間にいた二人客が帰って席が空いたので、親方が「左に移りますか?」と聞く。O氏も「こっち来いよ」と言うのだが、もう握り食するだけだから、わざわざ席なんか移動しないよ(笑)

しかし、フラッと店を覗いて、カウンタが空くまで入口脇の小上がりに座った初老の男性客が、カウンタが空いたので私の右側に移動してくる。親方やらO氏と話しているのを見て、「あなたは毎日来てるんですか?」とか「私は地方からたまにですが、出てきた時は必ずこの店に寄るんです」とか話かけてくる。最近、寿司屋でやたらに知らない人に話かけられるなあ(笑)

しかしこの男性は「分店」の事は知らないと言う。分店の五十嵐親方は長年ここで修行して仕事はまったく同じ。この店が好きなら是非行くべき。一軒置いた隣なので帰りに顔出して名刺貰って帰り、今度来られる時は事前に予約して訪問するとよいですよと、営業活動をしておいた。今度コミッションを貰わないと(笑)

お茶を貰って握りに。中トロ2、コハダは片身づけ。新子はもう市場に出たというが、これは肉厚の大振りな身。しかしまだ脂は抜けておらずネットリとした旨みを閉じ込めてあるのが鶴八の技。アナゴもふっくらとしている。ハマグリの出汁のお椀が出て、最後はいつものカンピョウ巻で〆。飲み過ぎないと、やはりしみじみと美味い。

大常連O氏がトイレに立った間に早々に勘定を。冷酒を三杯飲んで1時間10分程度の滞在。やはりこの程度でなくては。しかし店を出ると、エスカレータ前でO氏に出くわす。「本当に帰るのか?カラオケ行かないのか?」と聞かれたが、帰るっちゅーの(笑)早々にタクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック