97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座六月大歌舞伎「義経千本桜」第二部
土曜日は、歌舞伎座で六月大歌舞伎を観劇。「義経千本桜」通しの三部制上演。昼過ぎから始まる二部は高麗屋親子に猿之助が同座する「いがみの権太」。

20160612202409824.jpeg

201606122024335de.jpeg

「義経千本桜」は人形浄瑠璃由来の歌舞伎の名作。筋書きはあまり義経には関係なく各段は独立したオムニバスのような形式。「すし屋」は前に菊五郎で観たことがある。今回は、前段にあたる「木の実」、「小金吾討死」が出る。

「木の実」では、悪党だが、軽妙な洒脱さもある幸四郎の人物造形がなかなか印象的。出から千両役者の風格あり。善人と見せて、実は若い侍を手玉に取る悪の凄み、茶屋の女房小せんを演じる秀太郎と、子供との情愛も同時に見せて「すし屋」での「もどり」の伏線として見ても意味深い。

「小金吾討死」では、松也の小金吾が立廻りに大奮闘。歌舞伎の様式美に満ちた一幕。ここで15分の幕間。

「すし屋」は上演回数も多い歌舞伎の人気作品。うちの祖母など「ゴンタな子やなあ」などと昔言っていたが、関西で言う「ゴンタ」はこの「すし屋」に出る「いがみの権太」に由来するのだとか。

猿之助のお里は、田舎娘の健康的な色気があってなかなか印象的に成立している。染五郎演じる弥助実は三位中将維盛もニンに合っている。「いがみの権太」はそもそも昔の幸四郎の当たり役だったそうだが、当代幸四郎も堂々たる風格で演じる。小せんが捕まり、花道で権太を振り返る眼の芝居は、秀太郎巧いなあと感心。

ただ演目としての「すし屋」は、個人的にはあまり好きではない。田舎娘の純な恋は成就しないし、首実検の首は偽物、悪人が善人へと回帰する歌舞伎独特の「もどり」と、歌舞伎のお約束があれこれ盛り込まれた作品ではある。しかしストーリーの展開は実に間延びしてスローで、「もどり」の演出もあまりにも唐突で、カタルシスがあるとは言い難いかなあ。まあストーリーを楽しむというよりも、役者を見物する作品なのかもしれない。

打ち出しで外に出ても、まだ初夏の明るい夕方。そんな点では三部制も良いよなあ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック