97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」、本店と分店を連続訪問
木曜日は会社帰りに「新橋鶴八」。夕方に電話するとお弟子さんが出て、しばし予約を調べていたが「7時半までなら大丈夫です」と。そもそも長居はしないので、どんどん出してくれればそれで大丈夫。

余裕を見て早目にニュー新橋ビルに。店の前に行くと「分店」から五十嵐親方が走り出て来て通せんぼして、「うちが空いてますので、どうぞどうぞ」と。いったい何やってるんだ。キャッチ寿司屋か(笑) しかし、いつもよく前を通る客を見ているね。

今日は本店に予約してるんだよと言ってもしつこく誘うので、「どうせ大常連O氏が来るんだろう」と聞くと、本日はO氏は西麻布の「真」を巡回メンテナンスに行っている由。早目に教えてくれてたら分店に予約してもよかったが、なかなか上手くタイミングが合わないもんだな(笑)

本店に入店すると既に奥の座敷にも客が入っており、カウンタ角には補助椅子も設定されている。7時過ぎから満席になるとか。早めに済ませないと。

まず菊正の冷酒。お通しはサッと湯通ししたスミイカのゲソ。

「時間制限しちゃってすみませんね」と石丸親方。しかし、吉田健一が食の随筆で書いていたと思うが、「次の汽車までに、もう一本飲めるだろうか」と時間を気にしながら飲む酒は美味い。まあ酒飲みは酒が飲めたらいつでも美味いけれども。ははは。

「白身はスズキですが」と切られてくる。2キロだという飴色に光る立派な身。独特のコクがある。塩蒸しもつまみで。香りよし。お酒お代わり。後から次々とカウンタにお客が入ってきて、だいぶ店は立て込んできた。

お弟子さんでも出せるシャコをつまみで。江戸前伝来の漬け込み仕事。卵が無いほうが身がシットリして美味い。時間がかかるようだったらお酒は二杯で切り上げるつもりだったが、早目のお客が帰ったりして、店は巡航速度に達して安定したオペレーション。

三杯目の冷酒を頼み、ハマグリもつまみで。一息ついた親方が「Oさんにカラオケ連れて行かれたでしょう」と笑う。「そうそう、昭和にタイムスリップしたような店でねえ」と言うと、地下の店と半地下の店と二軒あって、石丸親方も以前は仕事終わったらよく行ってたとのこと。なるほど。

この辺りでお茶を貰って握りに。まず中トロ。いつも通り米の甘味を感じるふっくらした酢飯。コハダもネットリした〆具合。穴子はトロトロだ。最後はカンピョウ巻で〆。入店から1時間ちょっとで〆。「まだ大丈夫ですよ」とも言われたが、もういつも通り飲んで食べたからなあ。

勘定済ませて店を出て、エスカレータ方面に歩くと、一軒置いた「分店」から、また五十嵐親方が飛び出して来て、食べなくてよいから寄って行って下さいよと言う。まさか大常連O氏が「真」見回りから帰って来てるのではあるまいなと心配したが、カウンタには先客が一名でもう帰る所。まだ7時ちょっと過ぎだが、本日はこれで予約終了だとか。本店ドアを開け閉めする音で分かったのでお迎えに上がりましたと言うのだが。

カウンタに座って芋焼酎ロックを一杯貰って五十嵐親方とあれこれ雑談。お弟子さん取って昼も通常営業して、夜は客の回転を早めたらよいんじゃないかとアドバイス。大常連O氏が居たら引きずり込まれて2時間半も滞在する私が言っても説得力無いが、O氏がいなくて注文通り早く出してくれたら滞在はせいぜい1時間で済むけどなあ。

何も食べずに焼酎だけ飲んで、30分ばかり滞在。寿司屋をバー使いしてはいかんなあ。焼酎一杯だけですから、勘定はいいですよと言うので、まあ次回につけておいてよと店を出る。本日は早仕舞いする由。この日は「しみづ」も満席だったし「本店」も満席寸前でギリギリ。「分店」も電話すると満席の時も結構あるのに、まあ水商売にはこんな日もあるのだなあ。ネットで空席を確認できるとよいけど。

結構お酒が回ったのでタクシー帰宅。もう小雨が降り出していた。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック