97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座六月大歌舞伎「義経千本桜」第一部鑑賞
日曜日、歌舞伎座で六月大歌舞伎を観劇。「義経千本桜」通しの三部制第一部「碇知盛(いかりとももり)」。

2016061916473286b.jpeg 2016061916480012e.jpeg

「義経千本桜」は人形浄瑠璃由来の歌舞伎の名作。筋書きは全てが義経に直接関係ある訳ではなく、各段は独立したオムニバスのような形式。

最初は「渡海屋」「大物浦」を続けて。

船宿の主人渡海屋銀平実は知盛を染五郎が初役で演じる。時代な立役の大役。安徳天皇がまだ生きており、匿われているという実際の史実に縛られない自由な設定。

猿之助は第三部の宙乗りだけでなく、第一部も第二部も重要な役で出演。渡海屋の女房はごく普通だが、実は典侍局になってからが、戦国に翻弄される女性の可憐さと哀れを感じさせてよい。前に観た第二部の娘役の時は声がガラガラだったが本日は若干回復しているような。

市川右近の息子、武田タケルがこの安徳天皇役で初お目見得。横幅の広い顔は親父譲りだが、白塗りにすると日本人形の如し。台詞もしっかり入っている。しかし血統と門閥が一番物を言う歌舞伎の世界においては、成田屋や音羽屋の御曹司の初お目見得とは扱いが随分と違うのがお気の毒というか。「渡海屋」最初の幕での軽みのある愛嬌や、急を告げに戻った場面での動きのある語りなど、親父の市川右近が実に張り切っている。時代な隈取すると、デーモン小暮閣下にも似ているね。

「渡海屋」二幕目、船宿の奥座敷から見える海、戦いで劣勢になった知盛達の船の松明が次々と消えて行き、見守る官女たちが泣き崩れる様は、歌舞伎の様式美に満ちて実に美しい。

「大物浦」、血だらけで戻ってくる知盛も、たまたま花道脇の席であったので実に圧巻。憤激から、安徳天皇の安全を確認した安堵、清盛の圧政を振り返る内省、自分の運命を受容する諦観と移り変わるストーリーもよく出来ている。碇を海に放り投げ、大縄がスルスルと引かれてゆく演出も圧巻。下では裏方が必死に引っ張っているのだろう。

松也の義経はあまり印象を残さない。武蔵坊弁慶の猿弥は重厚。花道の引っ込みでは大向うから「大きい」と声がかかる。全般に時代な葛藤とカタルシスがあって、「いがみの権太」よりも見て面白い段。なかなか楽しめた。

ここで30分の幕間。

201606191648235f4.jpeg

その後は「時鳥花有里」。新作の所作事。染五郎はこちらにも出て、傀儡師で引き抜きからのぶっ返し、面を次々と変える舞踊など歌舞伎舞踊のギミックを次々に披露。梅玉の源義経は似合っている。魁春、笑三郎、春猿など満面の桜を背景に華麗に踊る。次々に変わる背景の変化がいかにも歌舞伎的で豪華絢爛な短い舞踊劇。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック