97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問
土曜日昼前に「新ばし しみづ」に電話。清水親方が出て、「一席空いてますよ。よかった~(笑)」と。この所何度も電話したが満席だったから店のほうも気にしていたに違いない。

夜の部に新橋に。店の前で「P.M.9」バーテンダーM氏に出くわす。5時半ちょうどと思ったが、既に何名かカウンタに。

お酒は冷たいのを。冷酒は伏見の酒「まつもと」かな。寿司屋のカウンタでワイン飲む客は個人的には好きではないが、この日は居ないね。お通しは茶豆。香ばしい風味が実によい。もう夏だなあ。

何時も通りつまみから始めてもらう。「大常連Oさんは来ませんから安心してください」と清水親方が冗談を言う。来たら困るよ(笑)まあ「しみづ」は焼酎置いてないし長居出来ないから、あまり大常連O氏は来ないようだ。心静かに一杯やれるなあ(笑)

まずカレイ。立派な身は歯応えと旨味あり。タコは塩で。アオリイカは細かい包丁を入れて供される。

アワビはなかなか立派な身。シットリと充実の旨味。カツオは薬味醤油で。ネットリした身肉はしかし爽やかな香りもある。トリ貝は舞鶴かな。分厚い身肉だがフレッシュな甘さは若干劣るか。ミル貝。漬け込みのシャコは小樽産。子持ちと子無しと。小樽産が築地にも入りだしたと聞いたのは築地の「鮨つかさ」だったなあ。

最近「新橋笹田」もご無沙汰だと言うと清水親方は今度の休みに訪問するとか。私も予約しないと。

ヤリイカのゲソ煮。ウニの山芋とろろかけも貰ってつまみ終了。この辺りでお茶を貰って握りに。マグロは脂のある部位。赤酢の強い酢飯は久々に食すると実に旨い。これが癖になると他の酢飯がボケた味に感じてしまうのが困りものだが。

コハダは分厚い身のものを強く〆る。産卵が終わった二年目の個体にまた脂が乗ってきたのだとか。コハダは二年生きて寿命らしい。穴子は脂が乗ってトロトロ。塩とツメで。最後はカンピョウ巻半分。昔に比べたら量が食べれなくなってきたなあ。しかし、訪問回数が一番多いこの店に来るのが一番落ち着く気がする。

一番弟子がこの所ずっと休んでいるそうで、店の仕込みや掃除など大変らしい。一月以上前だったか、「P.M.9」で飲んでた時、今度の週末は親方不在で一番弟子が握る特別営業だと聞いたのだが、その辺りからちょっとメンタル面で不調になったとか。私がアメリカ駐在中に、「しみづ」でよくお会いしたAご夫妻の奥さんから、「今後変わった名前の弟子が入りましたよ」と聞いたから、もう8年くらい修行していたんでは。早く良くなってもらいたいね。

入店しておよそ1時間10分程度でお勘定。やはりこの程度の滞在時間が一番よい。満ち足りた気分で店を出ると、バーテンダーM氏も店の外で休憩中。女将さんとM氏に手を振って店を去る。まだ早いので地下鉄でのんびり帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック