97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
火曜の夜は飲まずに帰るつもりだったのだが、夕方になってふと「新橋鶴八」の寿司が食べたくなり早速店に電話して席を確保。分店でもよかったのだが、予約すると大常連O氏を呼び寄せるので危ない。本店ではお弟子さんが出て大丈夫だと。しかしちょっと混んでるようだな。

ニュー新橋ビルのエスカレータを上がって二階に行くと、階段の踊り場のところで大常連O氏がなにやら携帯で話込んでいる。私を見つけて、身ぶりで「分店か?」と聞くので、私も身ぶりで「いや、奥の本店です」と回答(笑)

本店に入店すると奥の座敷にはもう何名かの客が宴会を始めている。カウンタにも既に客が2名。一番奥の席には座布団が引かれておらずO氏はやはり分店に予約入れた模様。やはり本店に電話してよかった(笑)

席に着いて、石丸親方に「今日はちょっと涼しいね」と天気の話をしたら、何を間違えたか一番奥の席を指差して「今日、Oさんは分店ですから」と笑う。居ると暑苦しいのは事実だが、私は純粋に外の気候の話をしただけだったのだけどねえ(笑)

まず冷酒を注文。お通しはハマグリ柱のづけ。濃厚な旨味。つまみはいつも通り白身から。マコカレイは身が活かった新鮮な食感と上品な脂。

この辺りから客が次々に入店し、入った客は口ぐちに注文するのでつけ場の中はだいぶ立て込んで来た。私のほうは、私のペースを分かっている親方が見計らって注文を聞いてくれるまで待ってればよいだけの話で、特段何のストレスも無し。

塩蒸しは実に立派なもの。香ばしい旨味が口中に広がる。アジもつまみで。脂が乗って来た。漬け込みのハマグリも貰う。この辺りで握りに。中トロ2、といってもトロに近い部位。ふっくらした酢飯に脂が溶け崩れる。コハダは分厚いもの。新子はまだ4枚づけくらいで、この店ではまだ使わないと。ネットリとした身肉の旨さを引き出すにはペラペラだとダメなのだ。まあ季節に一度くらい話の種には食したいけれども。

穴子も2。柔らかく煮上がりツメのコクが良い。ガスで軽く炙るのだが、まったく焦げ目が無く、温かくなる絶妙な程度なのが毎回不思議。ハマグリ出汁の豆腐椀が出て、最後はカンピョウ巻で〆。いつもながらいぶし銀のような安定した旨さ。入店から1時間15分。店が混んでたのでちょっと何時もより時間がかかったか。

こっそり帰ろうと「分店」の前を通り過ぎ、階段を下りていると、目ざとく見つけて、五十嵐親方が外に走り出てきた。「なんで寄ってくれないんですか。Oさん居ますよ」と云うのだが、Oさんいるとカラオケに拉致されるから行かないんだよ(笑)

一杯だけでも飲んで行ってくださいよと懇願するのは、実際のところ五十嵐親方も、大常連O氏の相手をするのに手を焼いて困ってるからに違いない。まあしかし、客の世話を他の客に求めてはいけない。それは店で対処してもらわないと(笑) ということでニュー新橋ビルを静かに立ち去り、タクシー帰宅。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック