97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新橋鶴八」訪問。
水曜の午後、分店から「そろそろ分店の日じゃないですか」と携帯にメッセージが。ということは今晩は分店に大常連O氏の予約が入っているなと察して、「新橋鶴八」本店のほうに電話予約(笑)立て込んでいるらしく、電話に出たお弟子さんが石丸親方と相談していたのだが、7時までならということで入店可能に。

入店するとまだカウンタには人影無し。石丸親方が、「時間切っちゃってすみませんね」と云うが、まあ1時間ちょっとあれば寿司屋滞在には十分だ。

冷酒を貰って始めてもらう。お通しはスミイカゲソ。まず白身はホシカレイ。マコに比べて身肉の繊維に弾力があり、コツンと当たるような濃い旨味あり。石丸親方によると、カレイだけれどヒラメに似ているという。

お店は来週後半から1週間のお盆休みとか。親方は東北のほうに旅行に行くらしい。仕事がバタバタしてすっかり忘れていたが、もうお盆だよなあ。

塩蒸しアワビは実に立派なもの。香りが実に良い。アジもつまみで。アジもだいぶ脂が乗ってきたでしょうと親方。確かに身肉がふっくらとして旨みも乗ってきた。他の客につまみで出しているコハダを見ると、新子が。そろそろ二枚づけにして一貫になる大きさ。スミイカも新イカが出ておりお盆が明けたら使うのだそうだ。新イカも癖の無い甘味が良いよなあ。

お酒をお代わりして、ハマグリもつまみで。残り時間30分弱の頃でお茶を所望して握りに。

まず中トロ2。粒を感じる硬さだが、それでもふっくらとした米の甘さを残す酢飯が実に結構。コハダは2枚漬けの新子と肉厚の2年物と1貫ずつ。ネットリとした旨味を引き出すここの〆方では、ペラペラの新子よりやはり肉厚のほうが旨い。穴子は親方自ら軽く炙る。ふっくらトロトロ。豆腐の吸い物が出て、最後はカンピョウ巻で〆。何時もの物が何時もの通り美味い幸せ。

店を出て、「分店」に顔だけ出すと案の定O氏が一番奥の席でとぐろを巻いているのだった。店は結構繁盛している。なるほどねえ。タクシー帰宅。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック