97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」昼の部
20160907172942f35.jpeg
先週の日曜日は、歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」昼の部に。前日に夜の部を見物したから二日連続の歌舞伎座。さすがに昼夜一日通して歌舞伎座というのは今まで一度もやったことないな。

20160907172853ce2.jpeg

最初の演目、「碁盤忠信(ごばんただのぶ)」は出演陣総出でだんまりを繰り広げる最初の場が実に賑やか。染五郎と菊之助がそれぞれ両花道を同時に使った幕外の引っ込み。夜の「吉野川」用に両花道が設営されているので、使わねば損という感じなのかもしれないが、両方同時の幕外の引っ込みは初めて観た。

染五郎の碁盤を使った荒事風見得や立廻りも印象的。古式の江戸荒事ではないのだが、染五郎が懸命に奮闘している様子は伝わってくる。この秀山祭では染五郎が一番大変な気がする。まあ血族である叔父さんと曽祖父の為に一肌脱いて健闘ということだろうけど。

20160907172916314.jpeg

ここで35分の幕間。花篭で「つきじ膳」なるものを。海鮮の小丼が3つ。炭水化物が多い気もするが、なかなか結構。

二番目の演目「太刀盗人(たちぬすびと)」は軽妙な松羽目物の舞踊。あの化粧では誰やら分からないが、又五郎が滑稽な演技で笑いを誘う。真面目な田舎者を体現してかっちり踊る錦之助との対比も面白い。彌十郎も言われるがままにあっちに行ったりこっちに行ったりと腰の定まらない役人役だがこれも軽妙で笑いを誘う。

「一條大蔵譚」以前に吉右衛門で一度、仁左衛門で一度見ているが、仁左衛門の大蔵卿にはどこまでも公家を感じるのに対して、吉右衛門大蔵卿にはどこか武家の本性を感じる部分がある。秀山際では初めての演目だとのことだが、手慣れた演目で流石に吉右衛門が実に分厚く演じる。魁春も印象的に成立している。

作り阿呆と源氏再興を願う源氏けいの血を引く能力ある男の本性を何度も揺れ戻す終盤は、心根を侵食しつつある幽かな狂気すら感じるような迫力。この日は大向うの鶏爺さんが随分と元気。まあ元気とは言っても他の日との同社比であって、他の大向うに比べたらもう聞いていられないような老残を晒すヘナチョコな声なんだけれども(笑)

朝は雨がパラついたが打ち出しで外に出るとカンカン照り。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック