97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「天麩羅 なかがわ」訪問。
昨夜は、築地「天麩羅 なかがわ」。随分と久しぶりの訪問になってしまった。「新ばし 笹田」で松茸を食した際、そうだ早く行かないと天麩羅も松茸の時期が終わってしまうと思い出して予約。

冷酒を貰って何時も通りおまかせで始めてもらう。お通しは三つ葉。

まずは海老が2。中心に生の甘みを残すごく浅い揚げ。鬼殻を取った海老頭は深めに熱を通して海老味噌の甘みを封じ込める。

キスは長めに熱を。小麦粉の香ばしさを感じる衣の中は繊細な身がホロホロと崩れる。軽めの衣で軽く揚げた銀杏は秋の風味。大葉に挟んだウニ。大葉の香りがフレッシュでウニはサラリと軽い旨味。

走りのハゼ。キスよりも更に繊細な身肉がホロホロと崩れるが、これから脂が乗ってくると更に旨味が増して行くのだと。

松茸は長野。一本丸ごと揚げるて縦に4つに裂く。松茸の香りで口中が一杯に。何時まであるのか問うと、中川氏は「卸しにあるまでです」と笑う。もうそろそろ旬も終わりに近づいている。

スミイカも肉厚でネットリした旨味あり。メゴチは深く揚げて濃い旨味が衣の中に凝縮している。新唐辛子は爽やかな風味。穴子もここのスペシャリテ。水分を十分に飛ばして穴子の旨味が濃縮している。

最後に野菜でアスパラ、薩摩芋など。最後の〆は小天丼。赤出汁とお新香と共に。種によって自在に変える揚げ具合や衣の具合。種の風味と胡麻油の香ばしい香り。季節の味を堪能した。何時来ても実に良い店だ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック