97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
銀座、「新富寿司」訪問
土曜日は築地の「天麩羅なかがわ」。天麩羅を食すると、なんだか寿司が食べたくなる。翌日日曜の夕方は、銀座に出ていたので、久々に「新富寿司」にフラッと入店。

まだ夕方も早い時間なのでカウンタはまだ誰もいない。いつもながら静かだ。

常連として通い慣れた店で雑談しながら飲むのもよいが、たまには誰とも認識されていない店で一人静かに飲むのも良い。もっとも稀にしか来ないけれども、結構昔から来ている事は来ているので、昔は小僧だったこの店の若手も、入店すると「オッ、見たことある客だ」と認識はしているようだ。しかし、こちらから話しかけない限りは静かに放っておいてくれるこの店の流儀が、この日の気分にはぴったり。

その後で常連と思しき男性一人客が来店し、築地市場移転の事など職人さんと会話しているのを聞くともなく聞きながら、八海山を飲む。

まず切って貰うかということで、真鯛。皮目は湯引きしてあり旨味はある。タコもつまみで。ヒラメ昆布〆は、昆布を細かく切った物を上に添える。

カツオは生姜醤油で。煮アワビもつまみで。

このあたりでお茶を貰って握りに。握りは随分と小ぶりで酒飲みにはよろしい(笑)。1貫ずつのお好みも、おまかせも、1人前のおきまりもあるというのが偉いところだ。

中トロ、コハダ、〆アジ、鯖、秋刀魚、小柱と1貫ずつ貰い、最後は干瓢巻で締め。干瓢は「新橋鶴八」よりもずっと甘辛い。そういえば以前石丸親方とこの店の事を雑談したら、「シャコなんか真っ黒でビックリしましたよ」と。鶴八系も古い仕事を残しているが、この店のほうがおそらくもっと古い仕事だ。

街場の出前やってるような街場の寿司屋よりもずっと良いと思うが、仕事は良く言えば古式を残しているが、悪く言えば古臭く、今流行りの若手売り出し中の寿司屋が好きな人には合わないだろう。でも、個人的にはまあ好きなほうかな。つまみをあまり食さずにちょっとだけ握ってもらえば安く上がるだろう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する