97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
「新ばし しみづ」訪問。
金曜日の夜は「新ばし しみづ」で寿司。昼前に電話して席を確保したが、本日は満席な様子。潜り込めてラッキーだったな。

白鷹の常温を貰って始めてもらう。本来ならば築地市場が移転している最中だった訳で、寿司屋に来るのは不思議な気分。清水親方も、そういえば移転の週でしたねえと。小池百合子は落とし所を考えずに大問題にしたが、吊るすべき責任者を確定したから、案外解決を早急に図るかもしれない。

何時も通りおまかせでつまみから出て来る。ヒラメは上品な脂。タコはしっかりした歯応えで旨味あり。スミイカはもう随分と肉厚。細切りにして。塩で食すと甘みが引きたつ。

戻りカツオは辛子醤油で。ネットリした旨味。サバもだんだんと寒に入って旨味が増してきた。漬け込みのシャコはふっくらと柔らかい。赤貝、青柳と貝類も。ブリはヅケにしてあり、煮切りを塗って軽く炙り、辛子を添える。これまた寒の旨味。

お銚子が小さめなので3本目に突入(笑)。最近飲み過ぎだなあ。シマアジ、漬け込みのハマグリ、ウニとイクラ盛り合わせと酒の肴に。このあたりでいつも通りお茶を貰って握りに。

マグロは脂の具合を変えて2貫。シットリした身肉に旨味が乗る。酢飯にも良く合うが、確かに若干以前より軽くなったかも。コハダは何時もながら強めの〆。キスを一貫。酢飯の具合がよく分かって旨い。アナゴは塩とツメで1貫ずつ。これまた鶴八伝来のトロトロ具合。コハダと穴子は寿司の根幹ですな。最後はカンピョウ巻を半分貰って終了。滞在は、1時間10分程度か。この程度のペースが一番快適だ。

女将さんの見送りを受けてそのまま久しぶりの「P.M.9」に。カウンタはまだ誰もいない。バーテンダーM氏と久闊を叙してあれこれ雑談しながらまず、何時ものドライ・マティーニを。最多来店記録F氏は、この所長く顔を見せていないとの事。常連が急に来なくなるような事が、最近結構気になるようになってきた。店も客も結局のところ無常ですからなあ。

その後、シングル・モルトを一杯貰ったが、一見の口うるさそうなオッサンが来て、あの瓶を見せろあっちは何だとあれこれウンチクが喧しそうなので勘定してもらって退散。カウンタで酒やグルメのウンチクを喧しく語る客は大嫌いだ。

「P.M.9」を出ると、また「しみづ」の女将さんに遭遇。再度の見送り受けて烏森神社界隈を去り、新橋駅からタクシー帰宅。

 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/12(土) 00:27:41 | | #[ 編集]
出張しておりましたので、寿司屋にはずっとご無沙汰でした。「しみづ」楽しまれたとのことで、良かったですねw
2016/11/20(日) 15:30:35 | URL | Y. Horiucci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック