97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」、昼の部
木曜の祝日は、歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」昼の部。

20161105124445860.jpg

成駒屋親子4人の襲名披露が先月に続き、二ヶ月連続で看板にも。夜の部には口上も行われるが、この日の夜の部はカード会社の貸し切りとなっているようだ。

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫
中村国生改め 四代目中村橋之助     
中村宗生改め 三代目中村福之助
中村宜生改め 四代目中村歌之助  

祝幕は先月とまた変わり、派手で前衛的なデザイン。

最初の演目は能由来の祝祭舞踊。「四季三葉草(しきさんばそう)」。翁が五穀豊穣を祈って踊るのが縁起良く目出度いという趣向。 梅玉の翁、扇雀、鴈治郎も軽やかに祝祭を踊る。

二番目の演目は、「歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)」

江戸荒事を染五郎が主演で。おおらかな主人公が派手に繰り広げる、歌舞伎の様式美に満ちた分かりやすい勧善懲悪の物語。主人公の粂寺弾正毛抜は染五郎が初役。染五郎は、初の弁慶役程には力が入っていないが、しかしこの狂言の粂寺弾正は、力を入れて頑張る役ではない。自然で大きくおおらかなニンや柄を見せる役であり、逆に染五郎には弁慶よりも難しい気もする。松也、梅枝、廣太郎、児太郎など花形が勢揃いで。

昼の幕間は、三階花篭、花車膳でビールを一杯。

「祝勢揃壽連獅子(せいぞろいことぶきれんじし)」は、襲名披露狂言として、成駒屋親子が踊る連獅子。新たに作られた間狂言では、文殊菩薩として人間国宝、藤十郎がセリから有難くも登場。もはや拝むしかない(笑)萬太郎、尾上右近が小坊主、梅玉と仁左衛門が豪華に付き合う。

舞踊の最後、見所の毛振りでは芝翫も元気であったが、三兄弟のうち一番上手側で踊る一人(福太郎かな?)が明らかに一人だけテンポが遅れる。カツラの具合が悪かったのか、あるいは体調不良か。元気盛りの若者であるはずなのに、ちょっと気になった。

25分と長い幕間の後、最後の演目は河竹黙阿弥の「盲長屋梅加賀鳶(かがとび)」

幸四郎で一度観たことがあるが、秀太郎、梅玉、左團次など前回と同じ配役で、気楽な世話物。花道に勢揃いした鳶連中のつらねは、歌舞伎ならではの様式美に満ちた派手で豪華な趣向。

悪人だが憎めないところもある道元を幸四郎が軽妙に演じて間然とする所が無い。最後はだんまりの捕物の後、チョンパの終わり。

気楽に演じる面白い世話物が最後というのは気楽に観れてよいが、襲名披露と吉例顔見世が重なっており、狂言立ては豪華なるも、流石に詰め込み過ぎの感あり。本日は夜の部に行くのだが、これもちょっと終了が遅いよねえ。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック