97年から書き続けたweb日記を、このたびブログに移行。
歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」、夜の部。
土曜日は、歌舞伎座、吉例顔見世大歌舞伎、夜の部。

20161106135147a63.jpg 20161106135212a7e.jpg

先月に続いて成駒屋親子襲名披露公演を兼ねる。顔見世と襲名披露が重なって狂言立てが忙しく、昼の部は4時終了で夜の部が4時半開演。入れ替えはごった返している。夜の部終演予定が9時20分だから長いね。

最初の演目は、「元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)」、御浜御殿綱豊卿。

赤穂浪士討ち入りのを題材に真山青果が昭和初期に書いた「活歴」物。最後の段である「仙石屋敷」、「大石最後の一日」は以前に観た。

「御浜御殿」は幕が開くと御殿女中による綱引き。実に派手で陽気な演出。仁左衛門は、武士の本懐が忘れられつつある元禄の世で、しかしそれでもなお武士の義に生きようとする懐の深い殿様を堂々たる風格で大きく演じて実に印象的。赤穂浪士に深く心を寄せ、討ち入りをやり遂げさせてやろうという本心を隠しながらも、浪士の一員、染五郎演じる富森助右衛門の本心を探るギリギリの鍔迫り合いのようなやり取りが素晴らしい。染五郎は荒事「毛抜」の弾正よりもこちらの役のほうがずっと合っていると思うなあ。

家名再興の嘆願と敵討ちが相容れないという矛盾。武士としての志を最後まで追求する事こそ武士の本懐だという述懐。真山青果の名台詞が印象的に場面場面で突き刺さる。武士としての義に生きよと助右衛門の軽挙妄動を諭し、何事もなかったかのように能の舞台に出てゆく仁左衛門の素晴らしい風格。静かな桜満開の能舞台を背景にした幕切れも印象的だった。

次の「口上」は、大幹部勢揃いで成駒屋襲名を寿ぐ。今月は菊五郎が居ないので、皆、大人しいかと思ったら、鴈治郎が「芝翫さんとは公私共に仲良くさせて頂いておりますが、私(し)のほうを語りますとわたしにも火の粉が掛かって参りますので」とか、左團次が「芝翫さんは元気に浮名を流せてうらやましい。この20年、私が男女の仲で浮名を流して居ないのは、全て私の不徳の致すところです」など、結構楽屋落ちのくすぐり満載。何を言われても神妙な顔で息子たちと列座しなけれなならない新芝翫の心中は如何ばかりか。歌舞伎の先輩や仲間たちはみんな面白くも楽しいなあ(笑)

染五郎は大分声が荒れていたが、「今回襲名する成駒屋さんよりも多い五演目に出ております」と頑張りをアピール。仁左衛門は、「先程の演目で喋りすぎましたので、きちんとした口上のご挨拶は1月の大阪松竹座で。皆様とお会いするのを楽しみにしております」と関西歌舞伎興行を宣伝。襲名も全国回るからなあ。松竹座にも遠征するか(笑)

30分の幕間は三階花篭で「襲名御膳」を。随分と混んでいる。

201611061352467a0.jpg 201611061353015ae.jpg

次の演目は、時代物の名作、「盛綱陣屋(もりつなじんや)」

興味深く観た。襲名披露で思い入れのある演目だといえ、二ヶ月続けて陣屋というのはちょっと狂言立てとして単調かな。元橋之助は顔が大きく、押出しもよく、最初の出などは良いのだが、演技になるとあまり大きさを感じないところあり。やはり台詞廻しかなあ。

顔を赤く塗った幸四郎の和田兵衛は、なかなか大きくも豪快で、今回初めて、吉右衛門とやはり兄弟だから似ているなあと妙な感慨を感じた。子役尾上左近は良く健闘。豪華な座組でないとなかなか成立しない狂言だが、あまり豪華過ぎても襲名披露の主役が霞む。今回の新芝翫は、まあ頑張ったのでは。

「芝翫奴」は橋之助の元気な踊り。11月の公演中、三兄弟が前半、中盤、後半と分担して踊るのだとか。前半は長男橋之助の担当。足の筋肉など見ると歌舞伎役者がいかに舞踊で足腰を鍛えているかよく分かる。

打ち出しは9時20分過ぎ。やはり歌舞伎座から出ると時間かかったなあという気がする。遠方から来る見物は大変だろう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック